FC2ブログ

iloilo旅4

IMG_0357.jpg

朝2段ベッドの安宿を出てびっくり
これでも宿泊施設か?というような建物
あたりは、日本人は行かないような場所に建っていました
IMG_0351.jpg

ジョリビーで朝食を食べて、近所をうろうろして帰ってきてから
また教会や史跡などを巡りました
泊まっているホテルとは段違いの高級ホテルにも立ち寄り
昼食はちょっと豪華な中華
でもまわりはBBQばかり食べていました
IMG_0468.jpg

安宿ですが、我々のころはユースホステルがあり
こんな宿で寝るのはなんともありませんが
もう少しイイ宿にということでホテルチェンジです
IMG_0483.jpg

安宿とは比べものにならないくらい少し豪華です
夕方出かけるとすごい雨、
雨がやんだ後は川のようになってしまうような道路を
歩いて都心へ
IMG_0495.jpg

途中この旅行で一番びっくりしたことですが
生まれたての1ヶ月ぐらいのこどもを
店先の歩道の上に
ダンボールの上に寝かせようとしていた光景を見たときは
すごく心を揺さぶられました
IMG_0497.jpg

なんと本日びっくりするぐらい歩きました

IMG_0504.jpg
スポンサーサイト



iloilo旅3

IMG_0266.jpg

やっと、実質2日目
早くから目が覚め、街を散策します
IMG_0242.jpg

まだ7時前だというのに
学校は始まりだしています
朝ご飯を食べますが、いつも同じようなもので
ご飯、肉かご飯、スープが定番のようで
野菜はないようです
IMG_0292.jpg

散髪をしたり、ボーイスカウトショップによったりして
IMG_0247.jpg

ひとまずホテルへ
チェックアウトして、教会をいくつか回りました
ジプニーを乗り継いで空港へ
飛行機が1時間遅れとのことだったのですが
なんと実際には3時間ほど遅れてしまい
IMG_0338.jpg

本日のホテルへ行けなくなってしまいました
(ホテルまでタクシーで1持間以上かかり、すでに12時前なっていました)
ということで、明日宿泊予定の500円の宿へ
IMG_0343.jpg

びっくりただの2段ベッドでした
トイレには便座も紙もありません
おどろくのは明日の朝です

iloilo旅2

IMG_0152.jpg

ホテルに荷物を置いて
向かいの島へマンゴを食べに行きます
IMG_0170.jpg
ジプシーやトライシクルに乗ったりして
マンゴの島をぐるぐるしました
IMG_0174.jpg

帰ってきてもまだ、お昼ということで

フィリピンでは有名な
3店のうちの1店のイナサルという
焼き鳥の店で食べました
IMG_0190.jpg

一度ホテルに戻って休憩をして
夕方また市内へ繰り出しました
あっちへ行き、こっちへ行きしながら
夕食は屋台でまた焼き鳥
なにせ食べ物は肉肉肉で
野菜なんかありません
IMG_0207.jpg

歩き疲れてホテルに戻ってきましたが
正味まだ1日目が終わったところです

iloilo旅1

IMG_0089.jpg

マニラへ行ってきました。
まずは腹ごしらえ
IMG_0083.jpg

高いbotejuでお好み焼きと飲み物
そのあとは何も出ないセブパシフィックでマニラへ
着いたのが夜中、タクシーで国内線移動へ?
タクシーに乗らないと国内線に行けないなんて?
それからイロイロへ移動しますが
飛行機は朝4時ということで、ロビーで寝転がりました
IMG_0105.jpg

今回はエアーアジア、タラップも安い鉄製でした
空港についても、バスも動いていなくて
朝ご飯は食べられないものではありませんでした
IMG_0123.jpg

でもまだ早朝、仕方なくタクシーで1泊目のホテルへ
まぁまぁのホテルでした
IMG_0133.jpg





波板

P4100101.jpg

波板もいまや
アクリル板になってしまって
波板を張り替えるお宅は少なくなってきています
今の波板は強く、紫外線をカットしたりと
品質が向上しています
P4100107.jpg

主流はポリカです
最後の最後は波板の上から1階に
降りる場所がなければ
仕事ができません

鉄板

P4050420.jpg

鉄板をいつまでも塗装せずに
ほったらかしておいて
外壁を塗り替えるときに
一緒に塗り替える方がおられます
鉄部は さびが少しでているぐらいならまだなんとかなりますが
P4050422.jpg

腐り出してから塗り直してもどうにもなりません
塗り直して表面上きれいになっただけで
中のさびが勝ってしまうので
塗り替えたペンキがすぐに剥がれてしまいます
さびが出る前、腐る前に塗り替えておけば
いくらでも長持ちします
P4070064.jpg

田植え

少し遅めの田植えをしました
IMG_0046.jpg

いつものように、前日はみんなでキャンプをして前祝い
10数名が集まって焼きそば、焼き肉、ホルモンを食べました
翌朝は朝からいい天気で夏のような暑さでした
ボーイとガールスカウトが40~50名集まっていました
都会っこなので
泥の中に入ったこともなく
小さなこどもたちなので
なかなかまっすぐに植えることができません
IMG_0068.jpg

汚れながらもなんとか9割ほど植えて昼食
そのあいだに
ミニコミ紙の取材を受けました
午後からは会議会議で終わったのが夜の9時
疲れました
IMG_0072.jpg

雨とい

P4060439.jpg

せっかく屋根を葺き替えるなら
雨といもきれいにした方がいいですよ
昔は 半分の丸いとい でしたが
今や 角のといが当たり前です
それに今はといの勾配をとらなくなっていますが
P4070054.jpg

正直なところ
勾配をとらずに
まっすぐにといを取り付けると
といの中に水がたまってしまいます
といの中に水を残したくなかったら
といに勾配をつけてやる方がいいのですが
今は見栄えを優先するので
ほとんどの場合
まっすぐにつけられてています
(水がといの中に残っていますよ)

銀グロ

P4070061.jpg

いま、
屋根材で使われる色は
80%はおとなしい黒色か茶色系です
明るい色を選ばれる方は
ほとんどおられません
P4070066.jpg

車なら、黒色は汚れが目立つのですが
屋根材は、雨などで
少しづつ汚れがついていきますので
汚れがあまり目立たないし
人の目からは遠すぎて
汚れていても黒と汚れがなじんでしまいますので
黒系統がいいと思います

青緑瓦

P4050407.jpg

青いかわらを せいろく、といいます
40~50年前の屋根材です
P4050413.jpg

高度成長時代は
派手な色の屋根材が多く使われました
いまだに黄色や青い瓦屋根がたくさんあります
P4050424.jpg

でも時代が低成長時代をむかえてからは
派手な色は徐々に姿を消して
いまや、日本古来の色というか
屋根は黒、壁は白ということになっています.

見栄え

P4180239.jpg

屋根は遠くからでもよく見えるので
見栄えも大事です
色が塗ってある屋根材は
汚くなったら見るに堪えません
P4180240.jpg

よくわかるのが
宝塚大劇場です
一方はがわら葺き
もう一方はカラーベスト
P4180242.jpg

カラーベストの方は何度か塗り替えてあります
かわらの方は
手入れをしなくても
いつまでもきれいです


価格

P4170214.jpg

軽い屋根材は安い と思っていたら
大間違いです
逆に値段の高い品物ばかりです
P4170226.jpg

今まで陶器かわらの設定価格が低すぎたのだと思います
それで新しく出てきた新生屋根材は
設定価格を高くして
ブランド力で売るようになってきました
P4170230.jpg

それに業界の体力的なものも多分にあるかと思います
高い価格設定をしているからと言って
新生屋根材が長持ちするとは限りません

寿命

P4170151.jpg

軽い屋根材の高級品で
焼き物の陶器より高い商材でした
今はもうありません
P4170153.jpg

軽い屋根材は
耐久年数が短く
メンテナンスも早くやってきます
P4170167.jpg

でも阪神大震災で
かわらの重たいがために
家が押しつぶされてしまった
と盛んに報道されたので
ほとんどのお客様が
屋根は軽くないといけないと思っていらっしゃいますが
P4170214.jpg

その軽い屋根材を葺いて
こんなに早く
メンテナンスをしなければいけないのかと
思い知らされた方は
屋根屋の提案を聞き入れてくださいます

カラーベスト

PA140002.jpg

いつも同じことの繰り返しですが
軽いものは表面に色が塗ってあるので
その色が、太陽や雨で色抜けしてしまいます
PA140005.jpg

重たいといわれる
陶器、焼き物は色が焼き付けてあるので
軽いもののようには
色落ち、色抜けはしません
カラーベストなどの軽い屋根材は
10年もすると
間違いなく
色がなくなっていきます
PA140007.jpg
要するに防水効果が
なくなっていくと言うことです

チョコ

P5240592.jpg

このあたりでは
つい5年前まではよく葺かれた
和風のかわらですが
とんと葺かれなくなってきました
P5250595.jpg

でも今回は塩焼きと似たようなかわらでということで
チョコレート色の和風になりました

P5260601.jpg

いくら世の中が洋風になってきているとはいっても
和風を好まれる方は
まだまだいます

塩焼き

P5240574.jpg

久しぶりに
塩焼きかわらを見ました
この瓦よく滑るんです
もう50年ほど経っています
P5240575.jpg

でも阪神大震災も乗り越えてきました
今頃になって
かわらが少しずれてきているのです
P5240585.jpg

久しぶりに
和風のかわらから
和風のかわらに仕上げます

雨とい

P5310624.jpg

このあたりでは
雨といのことを とゆ といいますが
木が おい茂っているところでは
びっくりするぐらい落ち葉がたまります
P5310625.jpg

このおたく、毎年掃除に伺っていますが
カラーベスト屋根で少し勾配がきつく
落ち葉が腐ってしまって
屋根に上ると滑ってしまうぐらいです
これだけ葉っぱが落ちると
雨といの中にネットを入れたりしても
何の効果もありません
P5310627.jpg

毎年、毎年、掃除するしかありません

退色

P5180001.jpg

屋根で一番問題になるのは
雨漏りでしょう
これは、かわらを葺く人の技量、責任感の問題です
次に耐久年数
軽いものは当然のように短くなります
P5180020.jpg

そして色落ち、退色でしょう
屋根などあまり見ることがないから
わからないかも知れませんが
軽いものほど、焼いてないものほど
色落ちが激しいのです
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード