FC2ブログ

かぶせる

P4080010.jpg

以前ならば
カラーベストの屋根材をはがしてから
新しい屋根材を葺きなおすのが
あたりまえでしたが
ここ5~6年でしょうか
古い屋根材はそのままで
さらにその上に新しい屋根材をかぶせる
かぶせ葺きが当たり前になってきました
P5170012.jpg

見本の鉄板の端切れを持ってみると軽いので、
こんなに軽いなら
さらにかぶせても大丈夫かなと
思いこんでしまうんだと思います

スポンサーサイト



カラーベスト

P4080005.jpg

建築関係の方なら
陶器かわらの屋根ならば
屋根勾配は4寸以上ということを知っています
P4080006.jpg

カラーベストは
屋根勾配が緩くても大丈夫と
勘違いして売り込んだ屋根材メーカーがいるのか
屋根勾配の緩いカラーベスト屋根を多く見うけます
P4080007.jpg

屋根勾配が緩いと
逆漏りといって
水が上に上っていって
雨漏りを起こしてしまいます
勾配を緩く造ったがための雨漏りは
いまだに多くあります

振興大会

IMG_0008.jpg

ボーイの振興大会に
伊丹の空港の近くへ行ってきました
まだ5月なのに暑い
制服を着ているのでなお暑く感じます
IMG_0015.jpg

式典が終わって
技能大会やゲームをしましたが
久しぶりの空港なので
飛行機の離着陸を見に行ったりしました
朝9時から夕方5時過ぎまで
なんとも長い、暑い1日でした
IMG_0040.jpg

2回目

P9100002.jpg

カラーベストの塗り替え
新築から10年もしてくると
色の退色が目立つようになってきます
1回目のメンテナンスは
塗り替えをされる方が多いのですが
何年もしないうちに
また色落ちが目につくようになってくると
再度塗り替えようとは思わなくなります
P9120003.jpg

ほとんどの人が
今のカラーベストの上に鉄板、鋼鈑、ガルバをかぶせる
工法を選ばれるようになります

天窓

P6190046.jpg

屋根の雨漏り
かわらと かわら以外のものが使われている
P6190047.jpg

例えば、かわらと天窓
これはとても相性が悪い
流れた水が、天窓の部分に当たる
うまく設置してなければ
天窓から雨が漏るし
天窓から結露したり
天窓の作りが悪かったり
したこともあります
P6190048.jpg

Uかわら

PA210001.jpg

軽いと言われて
震災後に好んで葺かれた屋根材ですが
間違いなく100%の屋根で こんな現象になっています
どうにかしてって?
材料の基本的なものが悪いのですから
どうしようもありません
PA210002.jpg

メーカーが無くなってしまったので
こちらとして言っていくところもありません
でも工事業者には
クレームが来てしまいます

積み替え

P5080008.jpg

どうして、修理してお金もそこそこ払っているのに
雨漏り保証ができないのか?
P5240010.jpg

棟を積み替えても
写真のように、その下のかわらにコーキングが塗ってあったりと
下がどうなっているかわからない場合があります
とりあえず
棟があやしいので、棟を積み替えてみますが
P5270001.jpg

正直なところ
絶対にここから雨が漏っていると
断言できません
たぶんここでしょうと言うぐらいです

積み替え

P8110006.jpg

今どき、雨漏りなんてと思っていませんか?
それが雨漏りって案外多いんです
まずはお金をかけずに直そうとされます
P8110007.jpg

で安上がりなのは
棟の積み替えになってきます
たかが棟の積み替えですが
手間はかかりますので
それなりの費用が発生してきます
でも棟の修理をしてもらっても
当店では今後雨漏りがしないという保証書を
出すことはできません
P8110008.jpg

それはほかの屋根屋でも同じだと思います
棟の下、あるいは触らなかった
ほかのところから漏っている可能性もあるからです

換気

PA140004.jpg

屋根裏には熱い空気が充満しています
天井のない部屋とか
屋根勾配の緩い家などでは
どうしても
暑い熱が部屋に降りてきてしまいます
PA140005.jpg

本来なら天井裏の熱い空気は
強制換気で外に出してやればいいのですが
なかなか費用もかかるのでできません
せめて屋根を葺き替えるときに
棟から熱い空気が抜けていくようにしています

手入れ2

PA150002.jpg

せっかく屋根を葺き替えるなら
新しい屋根材を使って
仕上げる方がお得です
確かに
焼き物かわらは使い回しができます
でも古いかわらを使うからといって
かわら代が 0円になるわけではありません
PA150006.jpg

2~3割のかわらは新しいものに替えなければいけないし
それよりも、
古いかわらの土を取りのぞいたり
行儀を見ながら葺いていったりすると
とても手間がかかってしまうことになります

手入れ1

PA130022.jpg

いくら陶器、焼き物がいいと言っても
そこそこの年数が経ったり
そもそも品物が悪かったり
施工が悪かったり
等々のことがあれば
葺き替える時期がやってきます
PA130023.jpg

その時は
あとあとまでめんどうをみてくれる業者
何かあったらすぐに駆けつけてくれる業者
などに頼まないといけません
この業界には、2~3年後に
いなくなって連絡のつかなくなってしまう業者もいます
PA130026.jpg




カラーベスト3

カラーベストの葺き替えは
PA060006.jpg

環境に優しい工法とかで
今葺いてあるカラーベストの上に
鉄板などを重ねる工法がほとんどです

葺き替える前にガルバ鋼鈑を手に持ったら
確かに軽いのですが
総重量は1トンを軽く超えてしまいます
PA300020.jpg

屋根は軽い方がいいと思っておられるのに
さらに重量をかけるのには抵抗がないのでしょうか
このあたりがなんとも不思議です
なら 焼き物のかわらを乗せても同じことです
さらにかぶせる重量の重さががそのままプラスされるわけではないのですから


カラーベスト2

PA290010.jpg

カラーベストの塗り替えですが
水洗いしない業者もいれば
薬剤を使って水洗いする業者など
見積金額によっていろんな工法を採用する業者がたくさんいます
PA290016.jpg

また洗いをかけて
すぐに塗装をする業者もいれば
1日おいて、屋根材を乾かしてから工事にかかる業者もいます
一番大切なのはここで
雨漏りがしない塗り方をするか
PA290017.jpg

ただ色を塗ってきれいになればいいと
思っている業者に塗られれば
残念ながら、いつかは雨漏りをするようになります

カラーベスト1

PA060002.jpg

軽いといってもてはやされているカラーベストですが
なにせうすい
色が吹き付けてあるので
色落ちする
PA060004.jpg

ということで、訪問販売の格好のえじきになって
色を塗り替えられる方が多いのですが
塗り方を間違えると
雨漏りを起こしてしまいます
PA060009.jpg

雨漏りがするようになったら
残念ですが、葺き替えるよりほかありません

超急ぎ足2

P5080170.jpg

遅めの夕食を食べて
風呂に入って
寝床に入ったら
あっという間に帰る時間が来てしまいました
P5090173.jpg

明け方なので車もあまりいないので
オートクルージングを使って
中国山地の頂上まで
約1時間とすこし
途中2回ほど休憩をして
なんと昼前には宝塚へ帰ってきました
P5090175.jpg

超急ぎ足1

P5080160.jpg

超急ぎ旅をしてきました
お昼に宝塚を出て
夕方には山陰のはずれへ
それからまた車を飛ばして
山口との県境へ
P5080163.jpg

車は小学校の校庭に止めました
宝塚を出るときも少し寒かったのですが
着いたら寒いのなんのって
海の波は冬の波でした
ストーブが焚かれてありました
P5080165.jpg

シングル2

P4120002.jpg

屋根材がボロボロになっていれば
下の野地板が腐っています
特にコンパネなどは
うすい木片を のりで固めたものですから
P4130024.jpg

水が回ってくると
あっという間に腐ってきます
外壁のサイディングも同じで
水が回るともろいものです
P4140044.jpg

シングル

P4120002.jpg

アスファルトシングルと呼ばれていて
北米でよく使われています
40~50年程前にも
日本に輸入されて屋根に葺かれていましたが
P4120003.jpg

なにせアスファルトですから
熱に弱い、耐久年数がない等で
日本市場からはほとんど消えてしまいました
今、この屋根にのっているシングルは
雨が漏っていなくても
野地板が腐っています
P4120011.jpg




ゴールデンウイーク

P4290077.jpg

GWはありがたいことに
ずっと仕事でした
屋根も壁もどちらも動いていました
でも少しだけぬけて
キャンプへ行ってきました
はじめの方は三田で1泊2日
後半は3泊4日で猪名川でした
P4290103.jpg

三田の方は夕方キャンプ場から
伊丹まで総会のために出かけ
猪名川の方は
寒くて雨が降ったりもしました
キャンプしてる人は大変だったでしょうね
日帰りでしたが楽しいGWでした
P5030122.jpg

コニファー

P5010127.jpg

いよいよ少し暖かくなって
木々の緑が濃くなってきました
事務所のコニファー
色の悪いポプシーですが
10年ぐらいで大きく育ってきました
値段の安い木はすぐに大きくなりますが
値段の高い木は
なかなか大きくなりません
今の住宅事情なら
大きくならない木の方がいいのではないでしょうか
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード