FC2ブログ

塗り替え

P5150005.jpg

たまには
塗装のことも載せておきます
永松邸_170522_0007

当店の業務のメインは屋根工事ですが
お客様は 屋根を葺き替えると
外壁のことも気になってくるものです
永松邸_170522_0025

お年をめされている場合はとくに
屋根と壁を同時に工事した方が
精神的にも体力的にも
楽かと思います
永松邸_170522_0058


スポンサーサイト



しっくい

P5080001.jpg

正直なところ
しっくいは塗らなくても
いいんです
ただし、土がかわらより内にあって
水を吸わないように
上手に施工されている場合のはなしですが
P5080002.jpg

しっくいの塗り替えを
安いところに頼んでしまうと
今ついているしっくいを取り除かずに
重ね塗りをされてしまい
間違いなく雨漏りしてきます

軽量

PA210001.jpg

軽い軽い屋根の時代に突入していますが
色にしても耐久性にしても
軽いものは寿命が短い
屋根を葺き替えるときに
軽いものは写真のようになりますよと注意しても
ほとんどの方が軽いものを選ばれます
PA210002.jpg

でも10年もしないうちに
またメンテナンスをしなければならなくなります
10年なんて
あっという間に来てしまいますよ

訪販

P4160029.jpg
屋根壁をして14年のお得意先から
しっくいを塗り替えたいとの電話をいただいて
飛んでいきました
P4160028.jpg

当店が施工した屋根には
しっくいは塗ってありませんので
しっくいが落ちたりすることはありません
P4160021.jpg

無料だからという言葉などのだまされて
屋根にのぼらせると
間違いなく、悪くもないところを
わざわざ悪くされてボられます
タダほど高いものはありません
P4160020.jpg

新車

P4180030.jpg

うちでは
あまりフォークリフトやショベルを
使うことがないので
P4180031.jpg

使おうと思えば、まだまだ使えるのですが
先々のことを考えて
新車に買い換えました
P4180032.jpg

P6170034.jpg

もう30年以上前は
屋根のかわらも青というのが
主流の時期もありましたが
今は黒か茶が普通になってきています
壁の色は白が多いような気がします
でも今回は青
PB110012.jpg

アメリカなどでは普通に見ることができます
でも今や日本の壁は
タイル調のサイディングが主流になってきました

クラック

P6170038.jpg

壁に大きなクラックが入ってしまうと
大概の人が
コーキングで修理をします
P6170044.jpg

コーキングで修理をしてもいいのですが
するなら変成シリコンでしてください
ホームセンターに売っているコーキングでは
色が乗りません
P6170047.jpg

コーキングを削ってから修理するのですが
残念ながらきれいに取り除くことはできません
よくセメントモルタルなんかで修理しているのを見かけますが
これをしてしまうと
仕上がりが膨らんでしまいます

急勾配

PA050016.jpg

また急勾配屋根です
今回は塗り替えていきます
PA110006.jpg

急勾配屋根は
どんな工事をするにしても
お金が高くなってしまいます
PA110010.jpg

なにせ勾配がきついので
足場を組む
仕事がはかどらない
仮に塗り替えても
色の退色は早くやってきます

防水1

ベランダ防水は
InkedIMG_0216_LI.jpg

ほとんどがプールみたいな状態になっているので
いつかは雨が漏るようになっています
InkedIMG_0220_LI.jpg

雨が漏ってきて疑うのは
水の出口です
InkedIMG_0247_LI.jpg

つぎに割れ
つぎに経年劣化
ベランダ防水は
必ず10年に一度ぐらいは
やり替えないとだめです
IMG_0221.jpg

それがいやなら
ベランダに雨が入り込まないように
するしかありません

急勾配

P2130002.jpg

急勾配屋根で、屋根材はカラーベスト
カラーベストはセメント系で
高圧プレスしてあり
表面に色が塗ってあります
P2130003.jpg

だから太陽の光で
色は退色していき
雨でいろが剥げ落ちていきます
P2130005.jpg

100%まちがいなくこうなります
だから急勾配の屋根に使う屋根材には
細心の注意が大切です

コーキング5

P2240088.jpg

コーキングを塗ることによって何が悪いか
一番は雨の通り道をふさいでしまうこと
そして、大きな揺れがあったときには
コーキングでひとかたまりになった
棟などが、大きな塊となって
落下してくることです

コーキング4

P2240087.jpg

無駄なコーキングさえしなければ
雨漏りもないし
野地板も腐りません
P2270115.jpg

屋根に不具合がなければ
何もする必要はありません
もしメンテナンスをするなら
中途半端なことはしないことです
PB110003.jpg

コーキングなど、屋根にとっていいものでないものは
結局、捨て銭になってしまいます
コーキングをしたことによって
結局、葺き替えをすることになってしまいます
P3010131.jpg

コーキング3

P2240098.jpg

土葺きであれば
雨がもっても
ある程度までは室内に雨のしみがつきません
P2240102.jpg

土が水を含んでくれている間はいいのですが
土が砂みたいになって
水を含みきれなくなってきたら
天井のしみとなって現れだします
P2260109.jpg

1回、2回ぐらいのしみなら消えますが
ほったらかしにしていると
シミが残るようになります
そうなるといくら拭いても消すことはできません
天井の張り替えになってしまいます



コーキング2

P2240086.jpg

JIS規格で、吸水率というものがあります
かわらは、ある程度の水を吸います、
吸っても大丈夫ですよという規格です
P2240090.jpg

たぶん、全然水を吸わないかわらなど
この世にはないのではないでしょうか
P2240095.jpg

かわらは水の流れを考えて
施工してあるのに
その水の流れを止めてしまうような
コーキング施工は
かえって雨漏りを起こす原因を
わざわざ作っているようなものです

コーキング

PB110004.jpg

かわらにコーキングを塗ってはいけないといっても
いまだに塗る人が絶えません
コーキングを塗ってしまうと
間違いなしに雨漏りしてきます
PB110005.jpg

雨漏りもしていないのに
コーキングを塗る必要はありません
もし雨漏りしているなら
コーキングなんかで雨漏りは止まりません
PB110010.jpg

しっかりした専業の屋根屋に頼むのが一番安上がりです

東京見学3

IMG_0402.jpg
美術館にも行ってきました。
実はこの人を
もう35年以上前から知っています
付き合いのある建築会社が
売れないこの人の詩を
本にして我々に無料で配ってくれていたんです
IMG_0401.jpg

それから数年のうちに
有名になって
結局著作権も大きな出版社が持って行ってしまいました

東京見学2

浅草の浅草寺の屋根
写真を見るだけだったらわからないと思いますが
実は焼き物のかわらではありません
IMG_0370.jpg

全部チタンでできています
鬼かわらは少し色が剥げていて
ほかのかわらと違うように見えます
IMG_0372.jpg

それにかわら本体も
色が薄くなっているようでしたが
どれが本物のかわらか
見分けることができるようになるのは
もう数年かかるんじゃないでしょうか
IMG_0381.jpg

たぶん、チタンの素材の色になっていくと思います
でもお寺の屋根に関心のない人にとってみれば
そんなことどうでもいい話です
IMG_0392.jpg


東京見学1

IMG_0364.jpg

半世紀ぶりに
東京見物をしてきました
はとバスに乗っての半日観光
皇居、浅草、東京タワーをめぐってきました
IMG_0368.jpg

なんと外国人の多いことか
皇居などは80%以上が外国人でした
浅草は芋の子を洗うぐらいの混みようでした
IMG_0369.jpg

東京タワーなんかは、お客さんが少ないかと思いきや
30分以上も待つような賑わいでした
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード