FC2ブログ

お世話になりました

PC250002.jpg

年末に厚生労働大臣から表彰状が送られてきました。
今年、仕事は遊ばずになんとかやってきました。
ボーイスカウトも無事に1年活動できました。
PC220034.jpg

飛行機にも何回か乗って、骨休めができました。
来年も同じように
平穏な一年が過ごせるようにしたいものです。
PC220033.jpg

ちょっと早い年末の挨拶ですが
今年ものぞいていただいてありがとうございます。
少し長いお休みをいただきます。
よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト



せっかく

PC120007.jpg

急こう配屋根を
手入れしなければならなくなったら
次の手入れまでの時間が
できるだけ長くなるような
屋根材を選んで使うべきです。
PC140001.jpg

しかしほとんどの方が
屋根は軽いほうがいいと思いこんでいらっしゃいます。
今後も屋根は重たくても大丈夫です
そのためには、しっかりとした業者に
しっかりと施工してもらうんですよと
訴えるしかないでしょう。

小屋根

PC120006.jpg

急こう配の屋根に飾りの小屋根、
我々はよく鳩小屋とかドーマーとか言います。
PC120007.jpg

それに谷あり、多面体。
急こう配にすごいに屋根を造ったものです。
やっぱり、雨用心は悪くなります。
PC140001.jpg

切り妻屋根がメンテナンスの要らない屋根ですが
これだけややこしいと
必ずメンテナンスの時期は早まります。

といって、いまさら屋根形状を変えることはできませんので
用心して葺きます。

カラーベスト

PC090003.jpg

台風でカラーベスト屋根のブリキが飛んでしまったので
葺き替えることになりましたが
この屋根、急勾配です。
まず屋根を実測することもできません。
PC110003.jpg

ほとんどの人が
家を造るときは図面だけを見て決めます。
屋根勾配も6寸、7寸勾配と書いてあっても
何の疑問も抱かないでしょう。
PC110001.jpg

でもいつかメンテナンスをするとき
あちゃ~、こんな勾配は造ったらいけないんだと
気が付くのは
びっくりする見積りを見るときです。

追加

PC050011.jpg

屋根を葺き替えるぐらいですから
当然外壁も傷んでいます。
PC070003.jpg

特に鉄部、木部。
だから屋根の葺き替えの時には
必ずと言っていいほど
鉄部などを塗ってほしいと言われます。
PC060024.jpg

壁の塗装はそこそこ長持ちしますが
残念ながら鉄部、木部は
あっという間に色飛び、退色、腐食してしまいます。
PC070008.jpg

なじむ

PC050001.jpg

やっぱり焼き物、陶器から焼き物のかわらへ
葺き替えたほうが
屋根がなんとなくなじんで見えます。
PC060017.jpg

一度いい品物の屋根材で葺き替えたら
今後最低30年は
手入れが要りません。
PC050003.jpg

それがかわら屋の
自慢です。
PC060003.jpg

古い

PC050001.jpg

この台風では
古くて、手入れを怠っている屋根には
ダメージが大きかったようです。
PC050002.jpg

軽い屋根は当然のように鉄板が飛んで行ってしまっていますが
重いかわらでも飛んで行ってしまっています。
PC050005.jpg

今までにある程度手をかけていれば
今回の台風がきても
大きなダメージは受けなかったと思いますが
何も手を入れずにほったらかしの屋根は
目に見えるところが傷んでいます。
PC050006.jpg

雨漏りは今回の台風とは別の次元の話です。


詰める

PA250047.jpg

屋根を葺き替えるとき
大切なことは
使用する屋根材も大切ですが
下の野地板の件も大切です。
PB220025.jpg

値段を安く抑えようと
この野地板の補強をしない業者が多数います。
PB230009.jpg

いまや屋根は釘やビスを打って仕上げる時代ですから
写真のような
隙間の空いた野地など、釘がきくはずがありません。
PB240014.jpg

せっかく葺き替えるなら
見えないところもしっかり補強しておきましょう。

雨漏り

PB220009.jpg

現地調査に行ってよく言われるのが
雨が漏りだしたのはついこの間です。
いままでは雨なんか漏らなかったんですと。
PB220010.jpg

でもふたをあけてみると
写真のようになっているのです。
ここまでくると
下の野地板も腐り始めています。
たぶん今までにも
雨漏りの兆候はあったと思います。
PB220015.jpg

その兆候をいち早くつかんで
修理した方が
修理代が安くつきますので
できるだけ早く手を打ちましょう。

凍害

PA250032.jpg

いくら焼き物の陶器がいいと言っても
質の悪い焼き物を使ってはいけません。
PA250033.jpg

みなさん、焼き物ならどれも同じ品質だと思っていませんか。
PA250034.jpg

やはりしかりしたところが作った品物で
信頼できる施工業者がした屋根ならば
写真のようには絶対にならないし
仮になっても対処できますが
わけのわからないところに頼んでしまうと
結局相手も掛け合ってくれずに
当店に電話をかけてこられます。
PA250035.jpg


久しぶり

3026.jpg

久しぶりにルミナリエに行ってきました。
以前は寒さの中を何時間も待って
やっとのことで見れたような気がしますが
今年はそんなに待ち時間はなかったように感じました。
3039.jpg

久しぶりに街中へ出かけました。
たまには都市の鋭気をもらわないといけませんね。

ツリー

IMG_0063.jpg

店の木が大きくなりました。
たぶんもう10年近くなっていると思います。
値段のたかい木はすぐに大きくなって手に負えなくなりますが
値段のたかい木はなかなか大きくなりません。
IMG_0065.jpg

この木はたぶん4000円ぐらいで買ったポプシー系で
色があまりきれいじゃないので安かったのだと思います。
でも今では30万以上の値打ちがあるんじゃないでしょうか。
でも飾り物があまりなかったので
貧弱な飾り付けになってしまいました。

影響

PB290001.jpg

今回の台風の影響ですが
大がかりな葺き替えや補修は
あまりありません。
PB290007.jpg

せいぜい、2~3日で終わるような仕事が
たくさんありました。
PB290021.jpg

なんとか落ち着きを取り戻してきましたが
たぶん梅雨ごろに
この台風で悪くなった屋根からの雨漏りが
出てくるのでしょう。

PC040001.jpg

白いしっくいが塗ってあるところが
よく弱ったり、雨漏りしたりします。
PC040004.jpg

その部分だけを
積み替えたりすれば雨漏りがなおる可能性はありますが
棟の下のかわらが悪いかもしれない時がありますので
棟の修理をしても
雨漏りがしないという保証はできません。
PC040018.jpg

セメントかわら

PB270005.jpg

この屋根材は日本から撤退してしまいましたが
世界的にはたくさん使われています。
PB270012.jpg

しかし日本に進出してきた時に
土を使って屋根を葺いていた瓦業界に売り込んだため
初めのころは、棟を土としっくいで仕上げていました。
その後モルタル仕上げになりましたが
この仕事がめんどくさい。
PB270014.jpg

その割に単価が安すぎる。
あまりにも重すぎる。
等々でもう10年以上前に日本からなくなってしまいました。
セメントは色が剥げてしまいます。
あっという間に剥げてしまいます。

こりゃあ

PC010001.jpg

この前は下から屋根を眺めただけでしたが
実際に上に上ってみることになりました。
もうすでに70年以上は立っているかと思います。
PC010002.jpg

でも阪神大震災でもだいじょうぶでした。
残念ながらこの台風の風で
かわらが巻き上げられてしまったみたいです。

紅葉

PC010009.jpg

学校の職員住宅へ行ったときに
きれいな落ち葉に出会いました。
PC010010.jpg

たぶん敷地は2~300坪はあるかと思います。
PC010011.jpg

建物の表と裏に庭があり
50年以上たった木々から
沢山の落ち葉が敷き詰められてありました。
PC010012.jpg


もう,まだ

PB300026.jpg

台風が来てから
もう1か月が過ぎてしまったのに
まだ台風の影響の電話が
毎日2.3本かかってきます。
かわらが1枚.2枚飛んだり
ブリキが飛んだりなど
ほとんどの方が
屋根には関心を持っていないですからね。
近所の人に言われて気が付くのでしょう。

プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード