FC2ブログ

サビ

P9290040.jpg

また塗装面積が倍以上に膨らむ
倉庫の塗り替えですが、
こういう建物は
どうしても面積が大きくなるので
なかなかこまめに塗り替える方はおられません。
P9290026.jpg

でも鋼板、要するにほとんど鉄で造られているので
サビが出てきたら大変です。
P1210005.jpg

サビはそのままにしておくと
いくら塗り替えてもサビが勝ってしまって
すぐに塗装を弾き飛ばしてしまいます。
P1210010.jpg

鋼板、鉄板はサビが来る前に
塗り替えることをお勧めします。
スポンサーサイト



保証


P5240009.jpg
屋根の工事で
全面葺き替えをすれば
必ず保証はつけますが
P5240010.jpg

いくら50万、100万円という修理をされても
修理の場合は保証はつきません。
P5260001.jpg

例えば棟の積み替えの場合
棟だけをつぶして積み替えますが
その下にはまだほかのかわらがあるので
そこが原因で雨が漏っているかもしれません。
P5270001.jpg

なのでいくら金額が張っても
部分的な修理については保証はしません。

しっくい

P5080003.jpg

雨が漏っていないのにしっくいをする。
雨が漏ってきたからしっくいをする。
それも今のしっくいを取り除かずに重ねて塗る。
P5080008.jpg

こんなことをすると
なお雨が漏るようになります。
雨が漏りだしたら
専門の屋根工事業者に頼んだほうが無難です。
P5080019.jpg

専門業者は
かわらにの上に無駄なコーキングなどしません。

呼吸

P5170168.jpg

雨漏りはほったらかしにしておくと
必ず野地板が腐ってきます。
P5170177.jpg

特に最近の野地板は
コンパネと言う
接着剤で貼り合わせて作られているので
何度も雨に濡れると
あっという間に腐ってきます。
P5170181.jpg

なにせ雨が漏ったらすぐに対処すれば
野地板を張り替える手間もありません。

つた

P5260028.jpg

モルタルの外壁に
植物を生やしてある家を見かけることがありますが
たかが植物と思っていると大変なことになります。
P5290001.jpg

運が悪いと
根がモルタルの中に入り込んで
壁を破壊してしまいます。
木造のモルタル壁にはお勧めしません。

LCCの旅6

P6180417.jpg

いよいよ帰国の日になってしまいました。
今日も早朝から散歩に出かけて帰ってきてもまだ7時。
ご飯を食べて少し遊んで朝9時に出発です。
IMG_2131.jpg

車で飛行場までと言われましたが、
LCCの旅なので、自力で空港まで行きます。
IMG_2130.jpg

歩いて駅まで行き、電車に乗ってウイークエンドマーケットを散策。
タクシーで空港へ。
荷物も何とか無事に範囲内に収まり
ラウンジで昼食をいただきました。
IMG_2138.jpg

最後にお土産を少し買って飛行機に乗り込みました。
昼食を食べたのに、一応1000円の機内食を頼みましたが
なんとも300円もしないようなないようでした。
IMG_2142.jpg

でもたくさんの人が頼んでいるようでした。
関空に夜10時頃到着して
川西を廻って家に帰ってきたのは
12時を回っていました。
P6180419.jpg
雨期なのでわざわざ傘を用意しましたが
1回の雨にも合うことがありませんでした。
あとでこんなメールがありました。
(今、すごい雷&大雨が降り出しました􀌂􀇤雷􏿿
◆◆たちがいる間は天気に恵まれてよかったです)
たのしいLCC の旅でした。

LCCの旅5

P6170394.jpg

渋滞に巻き込まれて
やっとのことでナイトマーケットに到着。
P6170395.jpg

P6170396.jpg

若者でにぎわっています。
目につくのはtatooを入れた人間の多いこと。
日本なら年寄りが目立つかもしれません。
さして買いたいものはなにもありませんので
ただブラブラしてまわりました。
P6170397.jpg

P6170398.jpg

1950年以前のアメリカ車が置いてあったので
写真に収めましたが
せっかくの名車、
タイヤの空気が抜けたままになっているものもありました。
もったいない!
P6170399.jpg

P6170400.jpg

P6170401.jpg

P6170402.jpg


またタイ料理、こんばんはスイカジュースをいただきました。
P6170408.jpg

LCCの旅4

P6170276.jpg

今朝も早くから起きて散歩に出かけます。
まだ6時前なのに、たくさんの人でにぎわっています。
P6170278.jpg

お坊さんも托鉢をしていますが、
ビニールに入れたものを器に入れて
そのもらったものはすぐに
お付きの人がほかの袋に入れなおして
空になった器にまたいろんなものをもらっていました。
器いっぱいになったらお寺に帰るのかと思っていましたが
ちょっと勘違いをしていました。
朝は科学館へ、軍隊の新兵も見学に来ていました。
P6170297.jpg

昼は当然、タイ料理。
まぁまぁいける味でした。
P6170344.jpg

3時過ぎからプール教室のとなりで泳いだりサウナに入ったりして
P6170362.jpg

ナイトマーケットへ行きました。
週末ということで車、車であふれかえっています。
P6170394.jpg

ぶらぶらして、またタイ料理を食べました。
今回はタイ風料理しか口にしていません。
帰りは行きより車の渋滞がひどく
高速を使って帰ってきました。
ナイトマーケットはまた明日。

LCCの旅3


我々、日本でも早起きなので
早朝から散歩に出かけますが、
なんと町はもう動いています。
コーヒー一杯も飲まずにただ散策。
朝から汗びっしょりです。
大学の次は幼稚園訪問です。
P6160169.jpg

丁度お誕生日会でした。
歌を歌ったり、ゲームをしたりしていました。
P6160205.jpg

昼は地元の人が食べる麺。
白ご飯も食べましたが、今一つでした。
P6160208.jpg

その後は川船に乗って中心地へ。
いつものように散髪。
P6160228.jpg

ぶらぶらしてまた電車に乗って帰ってきましたが
まだ2時過ぎ。
P6160234.jpg

またひと泳ぎして、夕食はベトナム料理。
ここでの食事が一番おいしかったような気がします。
P6160250.jpg

でもまだ宵の口、ということで繁華街へでかけましたが
パタヤで見たような夜の雰囲気。
おどろきはありません。
ただあちこち歩き回って帰ってきましたが、
どうしてもマッサージをしたい人とはここでお別れ。
シャワーを浴びて、就寝。

LCCの旅3

早朝着なのでまだ8時過ぎです。
まず初めに電車とシーローを乗り継いで大学へ。
P6150065.jpg
P6150062.jpg

途中でタイの庶民感覚の店で昼食をとって
P6150077.jpg

帰ってきてひと泳ぎしました。
P6150086.jpg

本日3度目の電車に乗って
自転車を購入しに行きました。
P6150106.jpg

でもバンコクでは自転車に乗っている人をあまり見かけません。
あっという間にお目当ての自転車を購入しましたが
配達はできないということで、タクシーでお帰り。
明るいうちに夕食を撮りに近くのタイレストランへ。
P6150146.jpg

店もいい雰囲気で、味もそこそこなのに
我々が返るときはお客は誰もいないし
この後来そうな雰囲気もありませんでした。
朝食の店の時もほとんどお客がいなかったし、
この店も、人のことながら心配してしまいます。
夜は早々と寝入ってしまいました。

LCCの旅1

格安旅行に行ってきました。
荷物は7kgしかダメなのに20kオーバー。
P6140001.jpg

夜中の12時前に離陸。
狭いし、寒い席で、うとうとすること5時間。
P6140005.jpg

バンコク到着は夜中の3時。
着いたところはドンムアン。
タクシーしか動いていません。
モーチットまでと言ったところ、降ろされたのは
モーチットの長距離バスターミナル。
再度ぼられトゥクトゥクに乗って、電車のモーチットへ。
P6150016.jpg

でも早朝なので電車も動いていません。
これがLCCなんでしょう。
始発に乗って宿泊先へ。
P6150022.jpg

でもまだ6時すぎ。
ということで、LCC旅行なのに
日本で食べるより高い朝食をいただいて
8時前に宿泊先へ到着。
P6180420.jpg

なんと1日まるまる使えます。

屋根壁

永松邸_170522_0007

屋根を葺き替えたら
やはり外壁もきれいにしたくなります。
永松邸_170522_0026

この建物
プレハブなのでほとんどが鉄でできています。
永松邸_170522_0032

鉄はまめに塗り替えないと
腐ってくるようになります。
鉄等で作ってある建物は
まめにメンテナンスが必要ということになります。
永松邸_170522_0039

鋼板

P5180016.jpg

カラーベストで初めにメンテナンスされるのが
塗替え。
でもすぐに剥げてくるので
その上に重ねて葺く鋼板。
P4080010 - コピー

でもゆるやかな(4寸以下)には
棟から鼻先まで1枚物の鋼板を葺くしかありません。
カラーベストのように重ねて葺きたければ
4寸以上の勾配が要ります。
P5180022.jpg

その鋼板、ふつうはガルバですが
当店はもっといいガルテクトを使っています。

勾配

P5170012.jpg

屋根で大切なことは
屋根の勾配です。
昔から4寸勾配が当たり前です。
よくできています。
P5180011.jpg

勾配がきつくなると
見かけはきれいですが、メンテナンスの時に
足場がないと屋根に上れません。
P5180001.jpg


勾配が緩いと雨が毛細管の現象で
吸い上げられて、雨漏りの原因になります。

ぬりかえ

P4080008.jpg

カラーベストの屋根材ですが
一度塗り替えをされていますが
案の定はがれています。
P4080009.jpg

はがれてくるとどうなるか?
防水機能がなくなってくるので
当然のように、水がしみこむようになります。
P4080010.jpg

鉄は潮に弱いので、船乗りはよくペンキを塗っていました。
ゴールデンゲートブリッジも同じように
常にどこかを塗り替えています。
ペンキを塗ったものは常にメンテナンスしないと
腐ってきます。

倉庫屋根

倉庫写真全てです。_170209_0038

倉庫の屋根は
ほとんど凸凹が大きな鋼板でできています。
倉庫写真全てです。_170209_0042

壁よりも凸凹が大きいので
㎡数がさらに増えてきますし
鉄板をそうじしたり
塗ったりするのもさらに一苦労です。
倉庫写真全てです。_170209_0077


凹凸

倉庫写真全てです。_170209_0002

倉庫はほとんど鉄板いや鋼板でできています。
なので壁も屋根も凸凹した形をしています。
これって塗るのに案外手間がかかります。
倉庫写真全てです。_170209_0012

それにさびたところが多いと
あっという間に腐ったり
塗り替えてもさびたところが勝って
すぐに色が剥げてきますので
まめなメンテナンスが必要です。
倉庫写真全てです。_170209_0053

久しぶりにアライグマ捕獲
170608_0612~01

倉庫

P9290010.jpg

倉庫の塗り替えです。
工事代金は㎡×いくらですから
どうしても高額になってきます。
P9290011.jpg

皆さん大きな家にあこがれます。
P9290023.jpg

新築のうちはいいのですが、
いつかはメンテナンスの時期がやってきます。
そのときは大変です。

かべきわ

P6010002.jpg

屋根を葺き替えたり修理するときに
一番厄介なところは
壁きわの処理です。
P6020001.jpg

今まで葺いてあった屋根材と違うものを葺くときは
壁きわがきれいに収まりません。
また修理するとなっても
しっくいを入れてかわらを2~3枚入れなおすのが大変です。
P6020003.jpg

P6020009.jpg

P5310002.jpg

雨漏りや痛みが出てくるのは
棟が多いのですが
この棟を積み替えたからと言って
雨漏りが止まる保証はできませんが
とりあえず棟だけを修理してほしいとよく言われます。
P5310003.jpg

たかが棟の積み替えですが
人工だけは1日×人数
2日ならば2×人数
3日ならば3×人数+材料費+経費
安くはない割には保証はつきません。
P5310007.jpg

P5010023.jpg

30~40年前のかわらと今かわらでは
寸法に違いがあります。
53版、56版、64版などいろいろありました。
P5010018.jpg

なにでかわらを補修、差し替えするときは
かわらを小さく切って差し込まなけれいけません。
それに暇がかかるんです。
P5010017.jpg

土葺きの場合
数枚の差し替えならいいですが
何十枚も差し替えるのなら
あまりおすすめはしません。
P5010016.jpg

いて

P4160004.jpg

業界ではいて(凍てる)
寒いところで起きる凍害のことです。
P4160018.jpg

阪神間、それも街中でこんなことが起きるということは
よっぽど品質の悪い品物です。
土が悪かったり、焼きが甘いとかあるのでしょうが
製品となって出てくるときは
まさか凍てるとはわかりません。
P4160019.jpg

一冬、二冬越すと
化けの皮がはがれてきます。
適正な価格で
しっかりした業者で施工しないとこんなことになってしまいます。
P4160020.jpg

プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード