FC2ブログ

かわらU

P2100003.jpg

軽量かわらのかわらU。
一度塗り替えをされていますが
とうぜんのように
色がはがれてきています。
P2100008.jpg

それよりも元の材質、機材からはじけています。
こうなってしまえば
いくら上から色を塗っても
すぐにはがれてしまいます。
P2100011.jpg
スポンサーサイト



着色

P5090008.jpg

セメント系のかわらと陶器のかわら
どちらも新築で屋根に葺かれてあれば
区別するのはむづかしいと思います。
P5090009.jpg

でも5年、10年すると
違いがわかるようになってきます。
P5090010.jpg

セメントのかわらは
表面の色が抜け落ちて
セメントの地肌が見えるようになります。
陶器かわらはいつまでたっても色が抜け落ちることはありません。

Uかわら~陶器

P3030014.jpg

軽いかわらUから
重たい陶器に葺き替えました。
P3030014.jpg

ほとんどの人が当店が指摘をするまで
屋根は軽くなければだめだと思い込んでおられます。
P3060019.jpg


カラーベストの上に
いくら陶器より軽いと言っても
何トンもあるような軽量屋根材や
ガルバ鋼板をかぶせぶきするということは
さらに重量が増しているのですが、
そのぐらいの重さはいいだろうと思っておられるのも事実です。
P3070001.jpg
なら陶器をかぶせても大丈夫だと助言すると
いやぁ、かわらは重たすぎると拒否されます。
この壁を打ち破るのは並大抵のことではありません。
でも熊本城は本葺きの重たいかわらで再興されますが
だれひとり文句を言う人はいません。
不思議でしょ。

脱気

P3060008.jpg

野地にコンアパネ等の
接着剤でできたものを使うので
屋根裏の熱い空気がたまってしまう。
なので穴を開けて
屋根裏の熱い空気を
外へ出すようにします。
P3060009.jpg

もっといい方法は
モーターを使って
強制的に熱い空気を外へ
排気することです。
P3060010.jpg

コンパネ、ベニヤ

P3030032.jpg

屋根を葺き替えるとき、
今は釘なりビスを打って仕上げるので
小幅板なら目がつまっているもの。
あるいはベニヤやコンパネを打ったほうがより効果的です。
P3030036.jpg

コンパネ等は接着剤でかためてあるので
あまり関心はしません。
(接着剤が塗ってあるので家全体が呼吸しない)
でも今の時代
そんなことを言っていたら
受け入れてもらえません。
P3030039.jpg


重ね

P3030001.jpg

カラーベストの色が剥げて
その上に軽いという評判で
一時期100億円売り上げた
Uかわらが葺かれてありましたが
結局葺き替えることになりました。
P3030020.jpg

でもかわらをめくってびっくり
野地板が目の開いた小幅板
バラ板ではないのでまだいい施工だと思いますが
釘で仕舞をするカラーベスト、Uかわらには
この野地板ではだめです。
P3030018.jpg

振興大会


阪神北地区の振興大会に
猪名川の川原に行きました。
今日も暑い。
でも川原にはバーベキューをする人で込み合っていました。
この振興大会、各市で持ち回りでやっていますが
今年は試験中やクラブ等で参加者は今一つでした。
各部門ごとに楽しい1日を過ごしました。
たまには動画で。

パレード

P5200015.jpg

社会を明るくする運動のパレードに行きました。
音楽隊やバトン隊などたくさんの人が
パレードに参加しています。
ボーイからも18名が参加しました。
P5200035.jpg

市長のあいさつ、警察の挨拶。
犯罪件数は減っているが
再犯率は上がっているとのことでした。
宝塚南口から大橋を越えて
花の道をパレードして、
途中でバトンや音楽を披露。
P5200039.jpg

またパレードを続けて
宝塚駅前で最後の式をして終了。
まだ5月だというのに暑い、暑い。
でもたくさんの方が観ておられました。

銀黒

P1250003.jpg

屋根で使われる色は
ほとんど黒色です。
カラーベストでも黒がほとんどですが
残念ながら色が単調で色落ちします。
P1270002.jpg

その点焼き物は
もう少し微妙にきれいな色に仕上がり
色持ちは断然よくなります。
P1310002.jpg

昨日の続き

きのうのつづき
P5180006.jpg

P5180007.jpg

カラーベスト2

P1250003.jpg

地震が起きると、住宅は横からの力がかかる。
だから壁、筋交いが必要。
住宅は横にしても壊れないが基本の考え。
建物の強さは建物の重さより大きくなければいけない。
その倍率は1倍で
自重分の力がかかっても
壊れないような強さ。
建物は、横からの1Gの力に耐える必要がある。
P1250006.jpg

ただ屋根を軽くしても下の壁量が弱ければ倒壊する。
瓦屋根でも壁量がしっかりしていれば倒壊しない。
(中川貴文、独立行政法人建築研究所)
P1260006.jpg

カラーベスト1

PB290009 (2)

カラーベストの屋根、
一度塗り替えをされてます。
塗ったときはきれいなんですが
そのときに雨漏りのことを考えて
塗っていればいいのですが
ほとんどの場合、
ただ色をつければ
きれいになればいいと思って塗ってしまいます。
PB290016 (2)

でもよく考えて塗り替えないと
カラーベストの継ぎ目から水が入り込んで
雨漏りを引き起こす原因になるのです。
PB290017 (2)

ハイキング

P5140006.jpg
P5140007.jpg

雪の中のハイキングから3か月
今度は暑い中でのハイキングになりました。
P5140028.jpg

新神戸から布引の滝~市が原~掬星台
~王子公園のルートで歩きました。
久しぶりに歩くのと、運動が足りないのとで
へとへとになって上りました。
P5140031.jpg

今回のハイキングで思ったのは
お年寄りそれも70歳以上の女性の
ハイカーが多いということです。
まだ湿気もそんなにないので
水の補給も余るぐらいですが
基礎体力が必要だと実感しました。
ということで、ケーブルカーでお帰り。
なんと夕方からはお通夜にいきました。

旧車

P5040035.jpg
P5040046.jpg

ちょうどつつじが満開なので
30分ほどのところに見学に行きました。
これが都会なら
入園料を取るところなんでしょうがここでは無料で見れます。
また、水玉をモチーフにした芸術家のものをみたり
P5050103.jpg

圧巻はフェアレディを2台と
ブルーバードの旧車をみたことです。
P5040074.jpg
P5040075.jpg

いやぁ昔の車はいいですね。
P5040077.jpg
P5040085.jpg

勲章

InkedP5040026_LI.jpg

生まれて初めて
勲章と天皇、首相とかいう文字をみました。

みずかぜ

P5050126.jpg

GWの次の食事はフレンチです。
P5050132.jpg

このレストランのシェフが
JR西の瑞風という列車で出される
食事を考えたのです。
P5050136.jpg

有名な料理人に混ざって
田舎のシェフの料理が提供されます。
P5050138.jpg

瑞風のパンフレットも豪華ならば
料金もびっくり価格です。

GW1

P5030004.jpg

GWはいつものように早朝、
中国道を一気に走って中国山地のてっぺんの
レストランで食事というのが当たり前になっています。
P5030007.jpg

このレストラン、
これでも飲食の許可がおりるのか
というぐらいの店ですが
とてもはやっています。
P5030008.jpg

料金もそこそこします。
それなのに水やかたづけはセルフなんです。
P5030009.jpg

でもサラダなどがパリパリしてとても新鮮です。
イタリアンを食べて一気に日本海の方へ下っていきます。

ピザ

P5050088.jpg

段ボールのピザ釜を造って
それをもって島根まで行ってきました。
段ボールの中に針金を通して
網を据えて、ピザを焼く準備をしました。
P5050089.jpg

まず炭をおこさないといけないので
その間に簡易のピザや機器で1枚焼いたところ
あまりにも火が強すぎて
こげてしまいました。
つぎは段ボールで焼いていきます。
なんと2~3枚焼けるようにと
大きな段ボールにしたのが間違い。
焼きの時間がかかりすぎてしまいました。
P5050090.jpg

まず炭を全部燃やす。
小さなピザ釜で1枚づつ焼く。
そうしたらおいしいピザが出来上がります。

ダンボール

P4280001.jpg

段ボールを使って
ピザ釜を造ってみました。
P4280003.jpg

せかっく造るなら
大きいほうがいいかなと思って
大きな段ボールをスーパーからもらって来ました。
P4280005.jpg

まず段ボールを解体して
内側にアルミホイルを2枚張り
さらに燃えそうなところにはアルミテープを張って
組み立てなおして完成。
GWにピザを焼いてみます。
P4280006.jpg


PA250006.jpg
フローリングの張替えです。
以前はじゅうたんやカーペットが主流でしたが
ここ20年ぐらいは板を張るのが当たり前になってきています。
特にビニールの床材はあまり見かけなくなりました。
PA260009.jpg

今回も板を張っていきます。
値段の高いのは無垢板でしょうが
使える方はそんなにおられません。
ほとんどの方が合板になります。
PA260014.jpg


プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード