FC2ブログ

カラーベスト1

PB070013.jpg

これだけカラーベストが普及している時代なので、
これからの屋根のメンテナンスは、
カラーベスト対策がますます増えることでしょう。
PB070017.jpg

薄くて、軽くて、安いカラーベストですが、
色褪せ、割れが起こり、部屋は暑くなります。
傷みが早い分、次のメンテナンスがあっという間にくやってくる。
重たくて厚みのある屋根材なら、
もっともっと先延ばしにすることができるんですが。
PB070019.jpg

でも今の時代、どうしても
住宅を販売する側の事情と、震災に対する強さのイメージで、
軽い屋根材が選ばれる傾向にあるのです。
スポンサーサイト



もちつき

P2250011.jpg

日曜日はもちつきです。
土曜の午後買い物をして自転車でもちつきの場所へ。
テントを建てて、夜はうどんすきをしました。
P2260032.jpg

そのあと、歌を歌ったりロープの練習をして就寝ですが
みんな楽しいのか夜中まで声が聞こえました。
P2260053.jpg

朝はサンドイッチ、9時ごろから準備をしだしました。
参加者は100名以上でしょう。
子供であふれかえっています。
たぶん15回ほどついたかもしれません。
大学生ががんばってくれました。
P2260061.jpg

洗い物などをしているともう夕方。
大変な1日がやっと終わりました。

カラーベストの塗り替え

P1240014.jpg

カラーベストの塗り替えでは、
割れているカラーベストを差し替えるのは少数で、
そのままコーキングを塗って、塗装しているのがほとんどでしょう。
P1240019.jpg

また、塗り替えで一番大切なのは、カラーベストのつなぎ目についてです。
P1240034.jpg

横のつなぎ目の隙間の部分は、
どんなに塗料を塗っても塗りつぶすことはできません。
それに対し、上下のカラーベストは塗料で簡単に隙間がひっついてしまいます。
P1240035.jpg

横のつなぎ目から入り込んだ水は
カラーベストの上下の重なり目から出られない。
出られない水がカラーベストのシミとして内部ににじんでいく。
そうして、最終的には天井に漏ってくるようになるのです。

当店ではそうならない様な工夫をしています。

カラーベストの踏み割れ

P1240005.jpg

カラーベストという屋根材は、薄い品物です。
P1240008.jpg

家を建てるとき、
屋根工事が一番初めです。
そのあといろんな業者が、
施工したカラーベストの上を歩き回ります。
P1240028.jpg

カラーベストが新しいうちは粘りもあるし、
新しい品物にヒビが入るなんて誰も思いませんので、
細かい完工検査はされません。

でも実際には、たくさんの踏み割れができているのです。
年数がたってくると、それが現れてくるようになってきます。

カラーベスト塗装

P1240023.jpg

カラーベスト屋根。

見た目はきれいですが、
実は、
職人の塗り方次第で、
持ちが
全然違ってくるのです。
P1240029.jpg

それはまた明日。

鳩小屋

PB050001.jpg

急こう配屋根は、切り妻が無難です。
ところが、そんな急こう配の屋根によく付いているのが、
鳩小屋と言われる小さい小屋根。
PB120004.jpg

ほとんどの場合
体裁だけで着いています。
お洒落に見えるように設計士が入れたのでしょう。
PB220008.jpg

メンテナンスの事を考えなければ、
いくらでも格好良く図面を引けばいいのでしょうが、そういうわけにはいきません。
こんなところから雨が漏ってくるのです。

勾配と谷


PB110006.jpg

屋根勾配がきついのに「谷」があると、
ていねいに施工しないと、雨漏りの原因になります。
切り妻の屋根なら、谷がないぶん雨は漏りにくくなります。
PB110007.jpg

かわらだけでおさまらない屋根は
どうしても雨漏りの原因になってしまいます。
PB110008.jpg

急こう配の谷は、
水が集まってくるし、水の走りも早いし、
気をつけないといけません。

多いカラーベスト屋根

これからの屋根の仕事は、やはり件数的にも多い、
カラーベスト屋根のリフォームが主流になってくるでしょう。
PB050001.jpg

その際、一番安くつくのは「塗り替え」です。
でも塗り替えるにはまず屋根の「洗浄」から。
そしてそのために「足場」が必要になります。
PB050004.jpg

水が飛び散るので、足場は必ず要ります。
また、うまく塗らなければ早くはがれるし、雨漏りもします。
PB100005.jpg

(この写真は、傷んだカラーベストの上から
ガルバリウム鋼板の屋根材をかぶせ葺きしているところです)

塗装の専門家

屋根と壁のリフォームを一緒にするときは、
まず壁の塗り替えから取り掛かります。
PB020002.jpg

さて、塗装の職人は、
どんなに寒くても薄着で作業します。
PB020008.jpg

なにせ汚れてなんぼの仕事なので、
一度も洗わず、着られなくなったら捨てる者もおりますし、
洗濯を繰り返す者、専用の洗濯機で洗う者もおります。

でも、いくら洗っても匂いは残ります。
PB040003.jpg

きれいになった壁面の下には、
そんな職人たちの頑張りがあるんです。 。

世の中、全てそうなのかも知れませんね。

耐寒ハイキング

P2120020.jpg

六甲山へハイキングに行きました。
県北部は大雪ですが
六甲山は下から見る限り大したことはないなぁと
思って出かけたら大間違い。
P2120026.jpg

なんと全行程の7割が雪で
下りの雪道ではすべったり、ころんだりと
大変なハイキングになってしまいました。
P2120034.jpg

一般の人はアイゼンをつけて歩いているぐらいですから
どれだけすごいかわかっていただけるかと思います。
P2120067.jpg

でもいまはやりでしょうか、走っている人もたくさんおられました。
それもアイゼンをつけて走っていました。
ケガもなく無事に宝塚に帰ってこられて一安心。

塀のてっぺん

屋根でも塀でもですが、
てっぺん部分はとても大切です。
P1180125.jpg

雨は上から降ってきます。
写真のようにタイルを貼って、目地を入れておけば
水が入ってこないように思われますが、
どんなものでも水を吸い込みます。
時間が経つと、ひび割れしたりしてびっくりします。
これはタイルを貼った初めから水が入り込んでいるためです。
P2080011.jpg

これを抑えるには、
一番上のてんば(天端)に鉄板(板金)をかぶせるのが最良の方法です。

かわらのズレ

P2030002.jpg

棟(むね)のかわらは、
きれいに積んでおかないと雨漏りの原因にもなります。
P2030005.jpg

また冬など、かわらの下の土が凍てて、
かわらと土が離れてズレたりもします。
P2030007.jpg

もっとも、今では土を載せないで、しっくいのようなもので施工するので、
ズレたりすることはありません。

雨漏り3 「コーキング」

かわらにコーキングをしたら、
逆に雨漏りの原因になるんですよと、いくら言っても、
コーキングをするお宅が後を絶ちません。
P2030043.jpg

昔のかわら屋根は、土の上にかわらを置いてあるだけなので、
コーキングなんかしてしまうと、大きな台風や地震の時に、
コーキングしたものが、かたまりなって落ちてきます。
P2030026.jpg

また、隙間から必ず入り込む雨水の乾燥が遅くなるので、
かわらの下の屋根材が腐ってしまいます。
P2080001.jpg

コーキングをして雨漏りが起きると、
もう葺き替えするしか解決方法はありません。
PA100007.jpg

葺き替えるよりはるかに安く安全な屋根になりますよ、と言われたのでしょうか。
訪問販売の甘い言葉にはくれぐれもご注意ください。

雨漏り2 「谷」

P2030011.jpg

雨水が屋根の上をスムーズに流れて、
最終的に雨といの中に落ちてくれるのが理想です。
P2030014.jpg

屋根の上に「谷」を作って、
その「谷」で水を受けることは、
いつか雨漏りを引き起こすひとつの要因になります。
P2030017.jpg

「入母屋屋根」などで、
葉っぱやごみが詰まって、雨水が溢れてしまうようなところは、
普段から注意しておいて、こまめに掃除をしなければいけません。

何もしなくていいことを望むならば、「切妻屋根」が理想です。

雨漏り1 「費用」

P2030003.jpg

雨漏りは、その程度によって適切な処置を考えないといけません。
雨漏りしたといって、表面上の修理だけ済ませて、
お金はかけたわ、でも屋根はさらに傷むわでは、何をしているのか分かりません。
P2030004.jpg

このかわらは、寒さで凍てついて割れているのに、
前のしっくいをはがさないでしっくいを塗って、うわべだけ修理を済ませてあります。
これでは、なお雨を呼び込んでしまいます。

この修理ををした施工屋は、よほど安く済むように直してくれと言われたか、
屋根に詳しい専門家じゃなかったかってとこでしょう。
P2030009.jpg

いくら費用を抑えたいからと言って、
小手先の修理だけで済ませていると、肝心の天井や内部が腐ってしまいます。

壁の割れ、ヒビ

PB190020.jpg

モルタル外壁の塗り替えの際に、
大きなワレやヒビも、きれいに直ると思われがちです。
PB190033.jpg

小さなヒビなら塗装すれば隠れてしまいますが、
大きなヒビでは、
いくら塗装しても隠しきれるものではありません。

ヒビはきれいに直るんじゃなてく、隠すだけ。
塗装が剥げてきたら、またヒビが見えるようになります。

モルタルの大きな割れや、コーキングを塗ったヒビ割れは、
塗り替えると多少目立ってしまうこともありますが、
仕方のないことなのです。

鉄板のサビ

PB190003.jpg

トタン、瓦棒、鉄板の屋根など、
鉄に色が塗ってあるものは、こまめに手入れしましょう。
PB190004.jpg

それを先延ばしにしていると、
鉄板の生地が見え出してサビ始めます。
1年延ばし、3年延ばしにするほど取り返しがつかなくなります。
PB190005.jpg

一旦腐ってしまった鉄板に塗装しても、
1年もしないうちに塗った色がはがれてしまいます。

ひび割れ

P1180025.jpg

設備屋さんに聞いたことですが、
P1180029.jpg

ガスと水、どちらが怖いかといえば、
水のほうなんだそうです。
P1180033.jpg

ガスは目に見えないので怖い気がしていたのですが、
ガスは密室で充満しないと爆発はしない、
一方、水の方は、漏りだしたらどこを走るかわからないし、
マンションではどんどん下に下りていくので被害も大きくなると。
P1180034.jpg

ひび割れも、たかがひび割れと思って放っておくと、
水がどんどん入り込んでいって、
下地を腐らせてしまいまうから怖いんですね。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード