FC2ブログ

有難うございました

P3260009.jpg

2016年は大きな地震が2つもあり、
また消費税の延期もあり、
大変な年でした。
でもなんとかここまでやってこれました。

2017年は今年以上にしんどくなりそうですが
従業員一同、気を引き締めて頑張ってまいります。

一年間、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
皆さま、よい年をお迎えください。
スポンサーサイト



忘年会

PC240050.jpg

ハーフマラソン奉仕の次の日は忘年会をしました。
事務所に集合して、荷物を造り
買い出しをして、歩いてきてもらいました。
PC240059.jpg

庭にテントを建てて、水炊きをして夕食。
わたしと言えば、12/24なのに川西で会議。
到着するまでなんと1時間もかかってしまいました。
PC250068.jpg

こんな日に会議なんて、とみんな言ってました。
終わって帰ってきて、みんなでケーキのかわりにアイスを食べて
テントに入って夜中までわいわい言っていたようです。
PC250077.jpg

次の日朝食にサンドイッチを作って食べて、かたづけをして
午前中に解散しました。

ハーフマラソン奉仕

PC230008.jpg

マラソンの奉仕に行きました。
前夜からすごい雨で、
当日はどうなるかなと思われるぐらい強い雨でしたが
何とか雨も止んでマラソン日和でした。
PC230030.jpg

しかし奉仕する側は、
寒いし、時折雨は降るし、たいへんでした。
マラソンランナーは、例年になく多数の参加者で
とても活気がありました。
奉仕は、朝はゴールの人たちに水を配り
昼からは完走証の配布の仕事でした。
PC230020.jpg

なんとか無事に奉仕も終わって
リーダー会議をして解散してから
なんと自転車のカギがないことが判明。
30分後になんとか探し当てて家路につきました。

陶器かわらのこと

PB300006.jpg

地震があるとやたらと、かわらがズレている写真が取り上げられ、
かわらの屋根が重いから家がつぶれたんだ、なんて思われます。
イメージに使われているだけなのに、
まぁ分りやすいと言えば分かりやすいんですが。
PC010002.jpg

しかし注文建築では、今年のような地震があった後でも、かわらが使われます。
PC020003.jpg

但し分譲住宅では、建築費を安く上げるために、スレート系や鉄板が使われることが多い。
PB260002.jpg

問題は、リフォームにおける葺き替えです。
建築に詳しくないと、仕事を請ける側でさえ、
軽いほうがいいと思い込んでいるし、軽いほうが売りやすい。
この思い込みをうち破ることこそ、我々の当面の課題です。

耐久性

PB260001.jpg

当店はもともと陶器を主力にしているので特別こもしれませんが
その分を差し引ても陶器かわらが長持ちして
お客様にも胸を張っておすすめできる商材だと思っています。
PB260007.jpg

かわらは重たい。確かに重たい。
PB280006.jpg

でもかわらが重たいから
家が倒壊するなんてことはありません。
PB290001.jpg

かぶせる

PB090002.jpg

屋根を長持ちさせたり、手入れの要らないようにするならば
今のカラーベストの上に
鋼板なりをかぶせるのが最良の方法です。
PB090007.jpg

屋根が重たくなるのはダメだと思うなら鋼板をかぶせる。
腐食は40年以上大丈夫でしょう。
価格? 陶器とさほど変わりません。
ただし色あせはしてきます。
PB090011.jpg

鉄板のかぶせ葺き

PB070013.jpg

カラーベストが古くなってくると、
色落ちして見栄えが悪くなるばかりか、防水効果も落ちます。
そんな状態が、訪問販売業者の格好のターゲットになります。
PB070017.jpg


業者は一番安い塗料か、バカ高い塗料か、
どちらかを勧めるでしょう。
PB070019.jpg

安い塗料を契約すれば、持ちもそれ相応によくない。
かと言って、高い塗料を契約したから、
安い塗料の何倍も色が長持ちするとか、
何十年もメンテナンスしなくていいなんて、
そんなうまい話し、存在しないんですが。

クリスマス会

PC170001.jpg

PC170005.jpg

ちょっと早めのクリスマス会、
でも参加者が少なめ。
PC170012.jpg

ボーイのスタンツから始まって
歌やゲームをして楽しみました
そしてプレゼント交換をして
ケーキを食べました。
PC170015.jpg

その後、リーダーの忘年会ですが
これも参加者が少ない。
PC170016.jpg

でも13~4人でわいわいがやがや騒いで
12時前にお開きになりましたが
まだ騒ぎ足らない面々は
朝まで鍋をつついたようです。
PC170021.jpg

次は奉仕が待っています。
PC170023.jpg

耐久性

PB300006.jpg

スレート屋根のメンテナンスで、
一番安くつくのは「塗り替え」です。
塗料には、遮熱やフッ素などをお勧めします。
その分値段は上がっていきます。
PB300001.jpg

つぎに「鉄板(ガルバリウム鋼板やガルテクト)のかぶせ葺き」。
これも何年か後には塗り替えが必要になります。
PC010002.jpg

そして、「焼き物の陶器かわらのかぶせ葺き」。
塗り替えの必要はありません。
つまりメンテナンスがず~っと先延ばしできるのが陶器かわらです。
施工費用は鉄板と大差ありません。
PC020003.jpg

ただどうしても重さがネックです。
屋根が重くなると地震に弱いと思われてしまう。
地震で倒壊した木造住宅、かわらの重さが原因だったと思われますか?

屋根の塗り替え?

今回、外壁の塗り替えをさせていただいたお宅で、
屋根を再度塗り替えたいということでしたが、
PB260004.jpg

今塗り替えても、数年でまた塗り替えなくてはいけなくなるので、
この先30年以上手入れをしなくてもいい陶器瓦をお勧めし、選んでいただきました。
PB280005.jpg

屋根が重たいために、地震で家が崩れる、
そんなことは絶対にありません。
PB290004.jpg

陶器かわらをお勧めして、納得いただける方もいらっしゃれば、
やっぱり軽い方がいいと言う方もいらっしゃいます。
そこは施主様のお考えが第一です。
しかし陶器瓦を選ばれた施主様で、後に後悔されたという話しは聞きません。
PB290008.jpg

費用は鉄板屋根とほとんど変わりません。
夏の太陽熱射を緩和するので部屋が涼しく感じられ、
雨音は静かになります。

ベランダ

沼田邸写真全てです。_875

ベランダの防水材料もよくなって
なかなか水漏れしないようになりました。
しかし、30年以上前のベランダはどうしても水漏れしがちです。
沼田邸写真全てです。_8223

材料の良くなった防水の施工をしていても
やはり5年に1度ぐらいづつ、表面に保護塗装をしておくほうがいいでしょう。
一番いいのは、ベランダの上に屋根を付けて、
ベランダに雨がかからないようにすることです。

タイル塗装

PA240005.jpg

近頃は焼き物のタイルにそっくりの、
セメント系のサイディングがおお流行りです。
よく、うちのタイルは~、と言われることがありますが、
よくよく見てみると、ほとんどの家庭のタイルはサイディングです。
機械でタイルのように凸凹に型押しして、カラフルな色を印刷してあるのです。
PA240017.jpg

このようなサイディング、
再塗装なら塗装の色、一色になってしまいます。
今までの色を残したい場合は、撥水性をを持たせ、
すこしつやを出すために透明な液を塗るしかありません。
今回は、陶器の本物のタイルに撥水塗料を塗りました。
PA240018.jpg

玄昌石の屋根

PC020093.jpg


PC020087.jpg

原住民の住居風に再現された建物ですが、
玄昌石で葺かれた屋根です。
大きな台風で飛ばされたまま、
修理されずにほったらかしにされています。
PC020094.jpg

この玄昌石、東京駅の改修にも使われています。
100年持つとか言われて一時もてはやされましたが、
なんのことはない、
10年もすると、あちこちから抜け落ちてくるんです。
PC020089.jpg

それに使っている釘が悪いのか、保持力が悪くて、
台風なんかが来ると飛んで行ってしまいます。
PC020092.jpg

台南4日目

PC040245.jpg

あっという間に4日目。
飛行機に乗るまで半日と少ししかありません。
朝ごはんはちまきに汁がかけてありました。
PC040252.jpg

台南駅から電車で移動です。
快速みたいですが、ちゃんと座席指定です。
広くて快適な電車でした。
PC040286.jpg

高雄に着いて、地下鉄で西子港へ。
お茶を飲んだり、すこしぶらぶらして
もう一度地下鉄に乗って空港へ。
PC040300.jpg

初日に着いたときは、なんか田舎の空港みたいでしたが
昼間に見る出発ロビーは、それなりの空港でした。
帰りの飛行機は日本の会社ですが、
行きの飛行機より狭い感じがしました。
PC040302.jpg

でもあっという間に関空に到着したような気がしました。
機内でアイスを買い、支払いは台湾$で支払いをしてびっくり。
400円のものが、現地通貨で払うと680円もしました。
日本の飛行機に乗るときは、日本円を払うべきだと痛感しました。
いやいやとても楽しい4日間の旅でした。
年末にはもっといいシートでまたバンコク行きです。

台南3日目

PC030157.jpg

3日目の朝です。
宿のとなりの屋台で朝食。
PC030165.jpg

その後、自由解散となり、ぶらぶら散策します。
市場を歩き、昔の日本人経営の百貨店、林百貨を巡って
PC030173.jpg

台南駅近くの屋台で昼食。
朝と同じようなものを食べました。
PC030203.jpg

屋台?
はい、この旅は飛行機はLCC,
宿はユースホステルみたいなところで、
食事はすべて屋台で済ませました。
PC030223.jpg

午後からは海の近く、安平へ行きあちこちの店を見て歩き
公共バスで市内へ帰って、
夕食はまた屋台で食べ、そのあとアイスを食べて
再度林百貨へ夕景を撮りに行き、
PC030232.jpg

夜中に背中をもみに出かけました。

台南2日目

PC020062.jpg

2日目高雄から台南へ向かいます。
ぶらぶらしながら、おいしそうな朝食屋台を見つけて食べます。
PC020070.jpg

その後レンタカーに乗り、しばらくしてコーヒーを飲んで
台湾原住民村でショーや施設を見学したりして
高速に乗りました。
昼食はサービスエリアで食べて、
次の目的地、日本人が造った烏頭山ダムへ。
PC020113.jpg

ダムの底の土を盛って堰堤を造って、まわりに石をおいてあるような造りでした。
夕方近くに台南へ到着。
荷物を置いて、夜市へ。
PC020132.jpg

夜店を何度も回って疲れて、タクシーで宿の近くへ。
PC020138.jpg

古い街並を散策してシャワーを浴びて本日終了。


台南2

台湾の国鉄です。

https://youtu.be/vD8LMlmCkGQ

https://youtu.be/Jo7wlcnKjag

台南1日目

PC010012.jpg

台南、高雄に行ってきました。
なんとたった3万円ちょっとの、自由旅。
パック旅行ではありません。
PC010021.jpg

スクートという飛行機でしたが、
座席も狭くなく快適。
液晶画面がないのだけが残念、
3時間30分の時間が長く感じました。
PC010026.jpg

高雄に着いて、地下鉄に乗って、宿ある中央公園駅へ。
フロントもエレベーターもあるちゃんとした宿でした。
荷物をほどいて、歩いて夜市へ。
PC010036.jpg

魚介類の夕食を屋台でいただきました。
屋台ですが値段はそこそこします。
PC010042.jpg

日本の食べ物がデフレのおかげで安すぎるんでしょうか?
夜市をぶらぶらしてまた歩いて宿にたどり着いて
シャワーを浴びて本日1日目は終わりました。

壁のクラック

PA180004.jpg

モルタル壁のクラックは早めに直しましょう。
PA180006.jpg
これぐらいのヒビ割れならまだ大したことないだろうと思って
そのままにしておくと、ヒビは段々大きくなってきます。

その段階になってから塗り替えをすると、
何となくきれいになったように見えるのですが、
実際、表面だけを繕っただけなので、
そのうちにまたヒビ割れが目立ってくるようになります。
PA180007.jpg

ヒビは、できるだけ小さなうちに直すよう心がける事が、
壁をいつまでもきれいに保つ秘訣です。
PA180012.jpg
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード