FC2ブログ

小手先の修理

syot2

どうもないのに、要らぬ手入れをする。
雨が漏ってきたら、小手先の修理をする。
そんなことでは雨漏りは直りません。

小手先の修理を繰り返すほど、
雨漏りはひどくなるばかりです。
また、小手先の修理で雨漏りがしなくなる保証は誰にもできません。
小手先の修理、何回かの修理費用を合計すると
葺き替える値段ぐらいになります。

新しい屋根が20年経った。
雨漏りがしてきた。
なら、葺き替えるのが一番です。
スポンサーサイト



何もなければ何もしない

syot1

下から見て、屋根がおかしくなければ、何もしない。
雨漏りしていなければ、何もしない。
これでいいんです。
でも訪販の人がやってきて、
今のうちに修理しとかないとえらいことになりますよ、
今のうちに雨漏り予防をしておけば、
のちのち葺き替える必要が無くなりますよ、
などと言われ、つい頼んでしまう。
自分は絶対にだまされないと強く思っておられる方でも、
意外にだまされてしまうんです。
かわらをコーキングなどで固定すると、
雨の流れをせき止め、かえって雨漏りを引き起こします。

葺き方

orecs

かわら屋根は、
雨さえ漏らなければ
どんな葺き方をしていても分かりません。
でも雨が漏ってくると化けの皮がはがれてきます。
この屋根、葺き方がなっていない。
わかりますか?
谷のところです。

バイク

monk

むかし、むかし、20年前、
このバイクを買って乗っていました。
なつかしいので、
写真に収めてみました。

ほんとは今でもこのバイクに乗っています。

夕日

yuukaw

シルバーウイーク、
屋根とカベにかわらが葺いてある建物の美術館に
仏像を観に行ってきました。
夕日が見える公園では、
2回も美しい夕日を見ることができました。
もっとも地元に住んでいる人は、
じっくり夕日が沈むのを見ることはあまりないそうです。

放っておくと…

gotya

たかが雨漏りとお思いかも知れませんが、
ほどほとの時に手を入れないと。
放ったらかしにしておくと、
大変なことになってしまいますよ、の好例になってしまいました。
こんなふうに木が黒くなってしまうまで我慢していると
想像以上の修繕費用が掛かってきます。
家を、できるだけ安く、長持ちさせたいのなら、
早めの手入れが一番なんです。

片付けて~

nikoum

サイディングの塗り替えの見積もりですが、
外回りに所狭しとモノがあります。
外壁塗装には必ず足場の設置が必要です。
こんなにモノがあると、
片付け処分費用が掛かってしまいます。

振興大会

sinnsaas

篠山までボーイスカウトの振興大会に行ってきました。
篠山は前に行ってから何年ぶりでしょうか?
黒豆や栗の季節には少し早いようですが、
観光客がたくさんいました。
それに侍もうようよ。
映画の撮影のようで、有名な女優や俳優が来ているようでした。
宝塚に比べるとさわやかですが、式典中は暑い、暑い。
式典後、昼食、そして昼から市内を地図を持って、散策。
宝塚からわずか1時間たらず、
いいところです。

イタチ?(閲覧注意)

nakagak

2階の床下がどうも臭いので
とにかく見て欲しいと言われました。
2階の屋根裏というならわかりますが、
どうしても!と言われたので。
床をめくって断熱材をはがしてみたら、
きゃ~!!
イタチの仕業だな。

ベランダ防水

tubh

ベランダは、雨が漏っていなくても、
定期的に防水メンテナンスをしたほうがいいですよ。
雨が漏りだしてからあわてて修理しても、
すでに相当の雨が入り込んでいて
木などを腐らせていることが多いんです。
そうなると修理代が高くつく。
ベランダの上に波板の屋根をつけていれば、
まだましですが。

秋ですね

gmio

あっというまに秋空になってしまいました。
早朝、茜のそらになっていました。

合い見積もり

htuj

合い見積もりを取って、
安いほうに頼むのは全く普通の感覚です。
電化製品のように決まった製品ならそれでいいかも知れませんが、
工事の場合は、少し事情が違います。
たとえば屋根のしっくいの塗り替え。
見積りが安い場合は、古いしっくいをはがさずに
その上から新しいしっくいを塗っていたりします。
これは後々雨漏りを引き起こす原因になります。
その時、その業者は何食わぬ顔で
経年劣化だから仕方ないですね、とでもいうでしょう。
だから合い見積りは、条件を揃えた上で、
どんな仕事をするかまで比較しないとだめなんです。

平成の甍(いらか)

knyu3

昔ながらの甍(いらか)の波は、
水がうまく流れるように考えて造られています。
しかし、近ごろ建つ家のほとんどが洋風なので
昔ながらの甍(いらか)では和風色が濃いのか、
平板かわらが主力になってきています。
さて、平成の甍(いらか)の波は、
洋風化の波には逆らえないのでしょうか。。
大きな屋根面積ならば、
昔ながらの甍(いらか)の波もいいものなんですが。

好みの色

knyu2

日本人にはモノトーンが人気です。
屋根も一番多く選ばれるのは黒系統のいぶしや銀黒、
その次に茶色です。
景気のいい昭和の50年ごろは、
黄色や赤色、それによそにはない
変わった色を葺く方もおられました。
いまやほとんど地味な色になってしまいました。
それにメーカー自体も
多色を用意できる時代ではありません。
どうしても明るい色が欲しければ別注になります。

しっくい

knyu1

屋根を見上げてみて、
白い部分が多い屋根ほど
雨が漏りやすい。
(白いのは、しっくいです)
また屋根面が多いほど、
すなわち屋根の形が複雑なほど、
しっかりした工事をしないと、
雨漏りをおこす原因になるんです。

ガルバ鋼板2

tefnk

傷んだスレート屋根に再塗装しても100%色落ちします。
重ね葺きをする場合は、
焼き物かわらも、鉄板の軽い屋根材も、
ほとんど価格は変わりません。
しかし、雨音が静かだとか二階が暑くなりにくいということで、
いくら陶器の焼き物かわらをすすめても、
絶対に軽い屋根材でないとダメだという方がおられます。
そういう時はガルバ鋼板を葺くことになります。
でもいまのカラーベストの上から葺くわけですから、
いまよりは重たくなるわけです。
でも、いまよりさらに重たくなることについては抵抗がない。
ちょっと不思議な気がします。
屋根の重量は気にする必要ありませんよというのが、
昔からの当店の主張です。

ガルバ鋼板1

tubf3

いくら陶器かわらがいいと言っても
屋根勾配がゆるいと
かわらは葺けません。
そんなときは、少しゆるくても葺ける
ガルバ鋼板になります。

大手の重ね葺き

tubf2

最近、大手メーカーが重ね葺きを推奨するようになりました。
(重ね葺きとは、傷んだスレート系の屋根はそのままで、
上から新しい屋根をかぶせて葺く方法)
大手は、新しく厚物の重量のある製品を売り出して、
絶対、古いカラーベストを取り除いてから葺け、
さもないと製品は売らない、とまで言っていたのに、
今になって、重ね葺きでいいですよと。
当店では、阪神大震災のずっと前から、
重ね葺きしても、家は絶対に大丈夫と言って施工してきました。
当店が主張してきたことを、ようやく大手も認めたわけです。
でも、どうせ軽い鉄板よりはずっと重たい大手メーカー製品を
載せる決心をしたんだったら、
あと少しだけ重い「陶器かわら」を選択されるほうが、
見栄えも、耐久性も、防音性も、遮熱性も、価格的にも優れていますよ。
家にかかる重量は問題にならない範囲なんですから。

カラーベスト塗装

tubf1

傷んだカラーベストの塗り替えは、
見た目はきれいになるし、
工事費用も葺き替えよりずっと安く上がるので
たくさんの方が選択されます。
だけど、ただ塗ればいいわけではないんです。
手馴れた職人が手の込んだ工事をしないと、
逆に雨漏りをおこして、結局葺き替えるはめになり、
二重の買い物になる、なんてケースも往々にしてあるんです。

さん木

nisfuk2

ほとんどの人が、土を粘土だと思っていたようですが、
震災前ぐらいは、土の質も悪くなっていて、
マサ土(砂のような)に少し粘りがあるような土しかありませんでした。
それでもマラを混ぜて、屋根土にしていました。
今は、土の代わりに、さん木にかわらを引っ掛けて、
ステンレスのビスを打っていきますので、
ずれる心配はありません。

かわらのずれ

nsifuk1

葺き替えをするかわら屋根の99%は土ぶきです。
(瓦の下に土が載せてある)
実はこの土ぶき、
ほとんどの場合、かわらに釘が打ってありません。
なぜって?
昔からこの地方の習慣だからです。
それに瓦の裏にツメが付いていません。
だから何年もすると徐々にずれてきます。
そうして雨漏りするようになってくるんです。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード