FC2ブログ

がまん4

mnagat4

いぶし、一文字かわらは譲れないとのことでしたが、
1階の屋根はこだわらない。
修理で済ませることになりました。
2階の屋根は完璧ですが、
1階の屋根は、そのうち葺き替えの時期がやってきます。
スポンサーサイト



リノベーション

mit1

屋根壁、内装工事をしていきます。
まず内装から始めていきますが、
住みながらの工事です。
2階に住んでおられたのですが
3階に移動してもらって、
まず2階から改装していき
次に3階。
それが終わったら外装です。

がまん3

mnagat3

久しぶりに、和風のいぶしかわらを
それに鼻先に一文字かわらを葺きました。
この一文字費用が高くついてきます。
でもこだわりがあって、
どうしても一文字、和風、いぶしかわらにこだわられました。

がまん2

mnagat2

屋根かわらをはがして、
次の日に大雨が降っても、
かわらを止める木を打ってかわらをのせて
次の日に大雨が降っても、
かわらをビスで止めて、棟仕事が残って、
次の日に大雨が降っても、
養生のブルーシートをかける必要はありません。
仕事が中途でも、雨漏りはしません。
逆に、ブルーシートをかけて大きな風が吹いら
ブルーシートがめくれて色んなものが飛んでしまいかねません。

がまん1

mnagat1

谷の大きな柱が腐るまで我慢された屋根
ようやく葺き替えることになりました。
ここまで我慢すると、
それなりの金額がかかってきます。
雨漏りがしたら、
木に雨シミが出始めたころに葺き替えておけば
ずいぶん安くついたと思います。

makinrok2

1枚目の写真では、屋根はどうにもなっていないようですが
昨日の写真のように、
しっくいがはがれるということは、
棟を積んであるかわらもずってきています。
震災以前は、ほとんど100%土で棟を積んでいます。
すこしでも土が凍てると
しっくいがはがれるのと同じように
かわらも外へ押し出されることになります。
こうなれば、胸を積替える以外に方法はありません。


しっくい

makinrok1

六甲山の北側は
寒さが少し厳しいので
適当な仕事をされると土が凍てて、
しっくいがはがれてきます。
写真の様になってしまったら、
いくらしっくいを塗り直してもまたはがれます。
思い切って棟を積み直す方が得策です。

しっくいサギ

umhob

ふいに兄ちゃんが現れ、
お宅の屋根も傷んでますよ、
近所の工事のついでに無料でしっくいを塗ってあげますよ、
と言われてお言葉に甘えてみれば、結局は、
あそこもここも直さないと大変な事になるんだよ!!と言い出され、
びっくりして、当店に電話がかかってきました。
当店ではそんなご相談でも大歓迎。
伺ってみれば、しっくいの塗り方はまるで素人。
とにかく屋根に上って、しっくい塗りの真似事をして、
恩を売るようなことをしてから、
大きな仕事にしてぼったくってやろうという魂胆。
これが、しっくいサギです。
ただほど恐いものはありません。
もっとも、今まで屋根を放ったらかしにしていたから、
サギにつけ入るスキを与えてしまった、ということも言えるんですが。

寒い5

okasan5

屋根をやり替えて、
外壁も塗り替えます。
今回は別に大きな外壁改修工事にかかっていたので
屋根と外壁、同時に入ることができませんでした。
その大きな工事の写真はここに載せていませんが、
約2か月弱、色々なことを乗り越えながら、
なんとか終わることができました。
大きな工事は大変です。

寒い4

okasan4

寒いところでは、
かわらの下の土が凍ってしまいますが、
新しい工法では、土を載せません。
アルミ製の呼吸をするシートを敷いて、
その上にかわらを載せていきます。
太陽の熱を直接受けるわけではないので
アルミシートの耐久性は高いです。

寒い3

okasan3

陶器かわらとカラーベスト。
軽いのは確かにカラーベスト。
でも、夏の2階の部屋が、
比べものにならないくらい暑いのもカラーベスト。
カラーベストより暑さがマシになるかわらですが、
更にマシになるようにと
遮熱材を入れたいという方が増えています。

寒い2

okasan2

かわらをはいでみるとよくわかります。
土が湿っていると、雨がしみ込んでいる証拠です。
こうなると、部分的な補修をしても意味がありません。
部分的な修理は、その時は確かに安く上がりますが、
完全に直っているわけではありません。
そのうち必ず全面的な葺き替えないといけない時がやってきます。
すると部分的修理に払ったお金は、どぶに捨てたも同じです。

寒い1

okasan1

少し寒い地域でかわらを葺くと
土やかわらが凍てることがあります。
どこでも同じだろうと思って
いつもと同じような品物を使って葺きあげると
何年かすると、屋根の上が大変なことになっています。
写真では、なんともないように見えますが
これでも雨漏りしています。

石見

gwsmn

GWはいつものように、西へ西へと行ってきました。
渋滞に合わないように早めに出て、
まだ桜が咲いているところを眺めたり
船に乗ったり、イタリアン料理をいただいたりして
日本海へ下って行きました。
あいにくの天気で、2日間雨に降られましたが、
may Jのコンサートがある会館へ行ったり、
ツツジを見物したりと、ゆったりと過ごしました。
帰りも渋滞に巻き込まれる前に帰りたかったのですが
20kmの真っただ中に入り込んでしまいました。
ならばとボーイの仲間がキャンプをしているのを思い出して
とちゅうのICで降りて、少しお邪魔してきました。
でも親戚の子を連れていたので早々においとましました。

お手入れ

awadi2

屋根から鬼かわらが落ちてきてびっくり。
でも鬼かわらが落ちるということは
他も傷んでいるということです。
屋根から何か落ちてくるということは、
屋根が相当傷んでいるということです。
鬼瓦だけを修理すれば、そりゃ安くあがるでしょ。
でも数年後には、必ず大規模な手入れが必要になってきます。
早めのお手入れが、結局安上がりということになります。

GW

gwsit

ゴールデンウイークがはじまりました。
その昔、
現場に出る業種で、それも下請けの仕事では
長い休みなど夢のような話でした。
いつもいつも下請けをしているだけでは将来がない。
元請けになれと、言い続けられました。
でもどうしたら元請けになれるのか試行錯誤しながら、
阪神大震災以前の10年ほど前から、
徐々に元請け工事ができるようにしていきました。
今では98%、元請け工事です。
ゴールデンウイークの休みも取れるようになりました。
屋根工事、外壁工事というものは
これから先も無くなる業種ではありません。
しばらく休んで、7日からまたがんばります。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード