FC2ブログ

雨漏り2

manako

だんだん春めいてくると、
みなさん家の手入れに本腰が入ります。
屋根の雨漏りですが、
今のかわらはそのままで、
上にブリキをかぶせたり、
コーキングをしたり、
しっくいをしたり。
でも、そんなことで、
雨漏りが直ることはありません。
小手先の手入れで直るものではありません。
スポンサーサイト



雨漏り1

ngotoi

雨漏りといえばすぐ、
原因は屋根にあると思いがちですが、
一概に屋根だと決めつけることはできません。
雨はいろんなところから漏ってきます。
例えばベランダ。
ベランダに屋根でもついていれば、まだ雨漏りしにくいのですが、
昔のベランダは、たいがいモルタルでできているので、
モルタルの表面を手入れしておかないとすぐ雨が浸み始めます。
雨漏りに気付く頃には、たいがい内部は腐っています。

内とい

namamori

雨といは、外から見えるように、
「外付け」しとく方がいいですよ。
そりゃあデザイン的には
隠れている方がいいかも知れません。
でも、こまめにメンテナンスしとかないと、
すぐ雨が漏るようになるんです。
けど、普段の生活からは見えないし、
異常でも起きないことには、
メンテナンスのことなんか忘れてしまいます。
誰でもそうです。
だからこそ、「見てくれ」より
メンテナンスの要らない屋根造りが肝心なんです。

賃貸用

nkka2

賃貸用の建物です。
その昔は、借家といえども
長持ちするようにしっかりと造られました。
屋根の野地板やかわらを見ればわかります。

震災経験

nkka1

傷みの進んだかわら屋根ですが、
これでも阪神大震災を乗り越えています。
焼き物のかわらが強いことを証明しています。
いまだにテレビを観れば、屋根は軽くというものばかりですが、
屋根が重いと家がつぶれる、なんていうことこそ間違っているのが、
お分かりいただけるのではないでしょうか。
土も瓦も載った家です。

屋根、壁同時に

sakt4

今回は、屋根にかわらをかぶせ、
壁のほうも塗り替えました。
屋根壁、一度に両方する方が、
期間も短く、金額的にも安く押さえることができます。
屋根は陶器ですから、最低でも30~40年手入れはいりません。
外壁はペンキですから、
折に触れての確認が望ましいです。

2×4

sakt3

この建物、
2×4(ツーバイフォー)です。
住宅会社はもうありません。
家を建てるときに大切なのが、
あとあと面倒を見てくれるかどうか。
家は、住み続ける限り、
必ずメンテナンスが必要になります。
無くならない、つぶれない、
メンテナンスには地元の業者をおすすめします。
ウチのことですね!

ベスト~陶器

sakt2

屋根の勾配がきついと、
足場が必要になったり、
メンテナンスもおお事になります。
設計する方はデザインのことしか
頭になかったのでしょうが、
結局あとあと面倒なことはすべて
住んでいる人にかかってくるのです。
(メンテナンス費用がいくらかかってもいい人ならいざ知らず。)
雨の多い日本の気候には、
「4寸勾配」屋根が一番理にかなっています。
それを導き出した昔の人に、頭が下がります。

急こう配

sakt1

勾配のきつい屋根にカラーベストが葺いてあります。
屋根と壁の両方をさわりますが、
急勾配なので、
また何回もメンテナンスを繰り返さなくてもいいように、
平板の陶器かわらを葺ききます。

50年以上

kg20151

阪神大震災にも耐えた、
築50年以上の学校の建物です。
学校が春休みになったので工事にかかります。
勾配もきつく、昔ながらの土葺きですが、
20年前の地震でも無事でした。
でもさすがに50年以上も経つと
あちこちに傷みがでてきて、
葺き替えることになりました。
まず足場を組んでいきます。

壁以外

nakyam

よくチラシに「外壁塗り替え」と書いてありますが、
外壁には、「壁」と「壁以外」の部分があります。
壁以外というのは、鉄部、木部、プラスティック、ボード等の
セメント、モルタル以外の部分のことです。
「壁」と「壁以外」では、使用する塗料が違います。
鉄部、木部等は、壁よりも早く傷んできますので、
この部分は特に、まめに手入れしなければいけません。

シングル

角青

40年くらい前にも、
さかんに使われました。
アスファルト製だから、熱に弱い。
そのころを知らない業者でしょうか、
分譲住宅に多く使うようになってきました。
物がよくなって、30年は大丈夫とか言っていますが。
硬さの無いものは、耐久性がありません。
この屋根、雨漏りに気付いた時には、
野地板は既に腐っていますよ。

しっくい

三尼

屋根の棟とかわらの間の
白く見えている部分を「しっくい」といいますが、
このしっくいが、かわらより外にはみ出ていると
雨漏りの原因になります。
ここの屋根は、古いしっくいの上に
新しいしっくいを重ね塗りしているようです。
しかもその上にコーキングまでしています。
・・・だまされたんです。
しっくいを塗り替えるときは、
多少費用がUPしても
元々ついているしっくいをはがしてから、
新しいしっくいを塗らなければいけません。
早い、安いだけで工事を頼むと、
後々困ったことになってしまうんです。

もちつき

motit2015

翌日のもちつきの備えて、キャンプをします。
日曜は雨が降りそうです。
また乾燥作業を別日にしなければなりませんが、仕方ありません。
鍋を囲んであたたまります。
それにイタリア土産のケーキもいただきました。
深夜1時過ぎまで、大学に合格した面々と会議。
翌日は天気予報通りに雨が降っています。
早々とテントをたたんで、もちつきの準備をしました。
総勢100名以上が集まってくれました。
10うす以上ついたかもしれません。
砂糖醤油、きなこ、あんこ、だいこんおろし、のり等が用意されていましたが、
しょうゆ、きなこ、あんこが人気のようでした。
雨が降ったりやんだりでしたが、たのしい1日でした。

天窓

imatuk5

屋根の形は単純な方が、
メンテナンスが少なくて済みます。
屋根に煙突や天窓、ドーマーなどを取り付けるのは
おすすめできません。
実際にそこから雨が漏る現場をたくさん見てきました。
どうしても取り付けるなら、
雨対策をしっかりして取り付けてもらってください。
急勾配屋根に天窓がついているケース。
雨が漏って、調べるだけでも、
壁足場、屋根足場が必ず必要になります。
それに、明かり取り窓って、冬はまだしも、
夏は暑くて暑くて、みなさん困っておられますよ。
格好で選ぶと後で高くついてしまいます。

ガルバ鋼板

imatuk4

カラーベストの上に鉄板を張っていきます。
ガルバ鋼板の横葺きです。
塗装するより長い間、色持ちします。
塗装するより、ガルバ鋼板を重ね葺きするほうが
長期間メンテナンスが要らなくなります。
いつかは色がぼけていきます。
でも、屋根は軽いほうがいいという方にはおすすめです。

カラーベスト

imatuk3

今回は、壁を塗ってから屋根を葺き替えます。
屋根はカラーベストで、過去に塗り替えしてありますが、
塗った塗装がはがれてきています。
壁のモルタル、セメント部分は、塗り替えると案外色持ちします。
(鉄枠など、壁以外の部分は残念ながら色がはがれてきます)
でも屋根は、日光と雨風をまともに受けるので、
色を塗り替えても、意外なほど早い内にはがれてきます。

カラリアート

imatuk2

サイディングボードの継ぎ目のシールを打ち終わり、
吹き付けで仕上げます。
いつもなら透明な材料だけを塗るか、
ローラーで一色に塗りあげるかなんですが、
今回はちょっと高級感あふれる
カラリアートという材料を使います。
いい感じが出ています。

サイディング

imatuk1

カラーベストの屋根の葺き替えと、
サイディングの壁の塗り替えです。
サイディングは、ボードの継ぎ目部分のコーキングを
定期的に打ち替えなければなりません。
今回はサイディングの上に吹き付けをします。
まずはコーキングのシールを打っていきます。

屋根材の表面汚れ

sdafuj

今年もカラーベストの色落ちで
いくつも問い合わせをいただいています。
カラーベストは一番安価な屋根材で、
表面には色が塗ってあります。
必然的に色落ちします。
防水性も悪くなるので、
水分を含んで、やがてカビが生えてきます。
表面がざらざらしているので、
高圧洗浄で洗い流しても、完全には落とせません。
これが粘土かわら(焼き物のかわら)だと、
表面の釉薬がガラス状なので、
しっかり洗い落とすことができます。
同じ屋根材でも、上から色を塗ったものと焼きものでは、
こんな違いがあるんです。

波板

sooow

波板の張り替えをしました。
以前の波板は塩ビ製でしたが、
最近はポリカ製で、
品質や性能がより優れたものになりました。
波板を止めるフックもステンレスになり、
少々の風では飛ばなくなっています。
でも網入りの塩ビの波板が強くて丈夫なんだと
思っておられる方もいらっしゃいます。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード