FC2ブログ

かわらは長持ちします

yasuao


かわら屋根なら、
10年、20年で修理しなきゃならないなんて事には、
絶対になりません。
さすがに40~50年も経てば、
どこかメンテナンスが必要になってくるでしょうが、
それでも修理で直せることも多いです。
スポンサーサイト



洋風?

koufmu

外観は洋風。
かわらを葺くと、家が和風になってしまうと思って
カラーベストを選んだあなた。
夏暑い、色が剥げる、耐久性がない…
それでも洋風の新生屋根材をお選びになりますか?

和風建築

onokmiz4

和風家屋の屋根には、断然いぶしかわらが映えます。
どんどん洋風の建物が増えていますが、
和風家屋も捨てたものではありません。
いくら住まい方が洋風化しても
根っこは日本人ですから
そのうちに寝っころがりたくなる。
そうするとタタミのほうが都合いい。
それに屋根の葺き替えをするような建物は
ほとんどが和風、あるいは和洋折衷です。
そんな簡単に、完全な洋風にはなりません。

onokmiz3

いくら日本かわらが良いと言っても
昔ながらの工法が一番いいわけではありません。
今の時代に合った、長持ちする造りにする必要があります。
以前は、棟(むね)を銅線で巻いていましたが
今は樹脂を入れて、かわら同士バネで引っ張って
かわらが落ちないようにしています。

さん木は縦横

onokmiz2

1400年の伝統を受け継ぐ日本かわらは
雨の流れをうまく研究して造られていますが
山あり谷ありの形なので、横揺れに弱くなっています。
そこで当店では、たて横に桟木(さんぎ)を打って
かわらをその木枠の中にロックさせてしまいます。
そうすれば、どんな大きな地震・台風でも
ずれたり、落ちたりすることはありません。

ハイキング

2014-05-25

2014-05-25

2014-05-25

8時30分に宝塚で集合して、
まず電車で川西まで、そこからバスに乗って銀山の入り口まで行き、
さぁ12人でハイキングがはじまります。
25000の地図と指令書を持って班ごとに歩きはじめました。
ハイキングの前日は涼しかったのに
今日は、日差しが暑い。
まず銀山の資料館で見学して、間歩(採掘穴)へ入ったりして
いよいよ山の中に入っていきます。
宝塚までの山はずっと上りです。
でも若葉の中を歩いていくので、そんなに汗をかきません。
上り切ったところで、昼食。
一休みしてから、一気に武田尾まで歩きます。
途中、新名神の橋脚工事の現場を通りましたが、圧倒されるぐらい鉄骨が組んでありました。
宝塚に着いて、一休みしようかなとしていたら、NHKと有馬富士公園に行ってきた我団のリーダーに遭遇。
10数人でお茶をするはめになり、つぎの田植えの前日、焼き肉をする予定も決ままりました。

田舎家1

onokmiz1

ひさしぶりに少し大きな屋敷の
いぶしかわらから、いぶしかわらへの葺き替えです。
四方にぐるりと屋根があります。
運良く隣接の駐車場が使えたので
スムーズにかわらを取り除くことができました。
かわらの下に敷かれている土を取り除いて、
補強のコンパネを貼り、ゴムシートを張っていきます。

こりごり

ikekann

当店もかつて、この軽い屋根材を販売施工し、
国内上位の成績で表彰を受けた時代もありました。
しかし、製品がノンアスベスト仕様になってから、
色落ちやひび割れが表れる様になり、
この商品をおすすめする事をやめました。
それから何年かして、
大手だったにも関わらず会社自体が無くなりました。
また、ほかの軽い屋根材を売っていた会社も
同様の商品を廃番にしてしまいました。
でも、いまだに屋根は軽いほうがいいという風潮のために
次から次へと軽そうな屋根材が上市されています。

修理

takag

40年前に葺き替えた屋根、
ということは、新築の時から数えたら
もう何十年経っているんでしょうか?
本来なら再度葺き替えたいところですが
もうお年もいっているからということで、
修理だけすることになりました。
うまく直せるように頑張ります。

元は取れるの?

akurm

温水器の取り外しです。
葺き替えの時なら、撤去するのは簡単ですが
温水器の処分だけをするのは効率が悪いです。
もとより、先行投資の元が取れていません。
どんどん下がり続ける太陽光発電の買い取り価格。
元は取れますからと言われ、信じて取り付けられた方、
金額亭な部分だけ見れば、実際には大変です。
いつまでも新品ではありませんから、
メンテナンス費用も必要ですし。

見た目

semnt

屋根にかわらが葺かれたら
どれでも同じような材料と思われるかもしれませんが、
基本の材料で
屋根の持ちが10年、20年、30年単位で違ってきます。
写真はセメントかわらです。
セメント屋根材は、セメントを高圧プレスで固め、
乾燥させて、表面に色を塗っただけなので
10年もしないうちに、表面の色が落ちてきます。

棟(むね)修理

ooh2

今回は、鬼かわらのついている
棟部分のみを修理しました。
仮に雨漏りしているとき、
棟部分だけをやりかえて
あぁ安くついた、と思っていると
とんでもないことになることもあります。
棟の下の桟かわらの部分からの雨漏りの可能性も
十分考えられるからです。
そんなわけで、棟部分のみの修理の場合は、
雨漏り保証はできません。
葺き替えの場合はもちろん雨漏り保証です。

「修理」と「葺き替え」

ooh1

「修理」と「葺き替え」、
確かに「修理」の方が安くなりますが
断然安くつく、というわけではありません。
なんせ土ひとつとるのにも
人手が必要。
要するに人工がかかります。
なにが高いのか?
人件費なんです。

凍て

ooh3

ちょっと山手、山間部では
平地に比べて温度が低くなります。
そんなところで
土を置いて屋根かわらを葺いた屋根では
土が凍てて、葺いてあるかわらを動かしたり
かわら自体が凍てて、
せんべいみたいに割れてしまうことがあります。
こうなると手の施しようがありません。
修復するよりも、
新しいかわらに葺き替えたほうが、
後々安上がりです。

基本の仕事

toyos2

当店は、屋根・壁の仕事を柱にしておりますので
最初にお声掛けいただくとき、屋根・壁ではなく、
例えば床の張り替えのお見積りを依頼されました場合には
遠慮させていただいております。
屋根・壁の修繕をされた上で、
床板も張り替えたいと言われた場合は
喜んで対応させていただきます。
どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。

シルバー~銀黒

toyos2

時代が変われば、かわらも変わります。
和風の家より洋風の家が増えてきて
平たい型のかわらが主流になってきました。
一時、黄色や赤色、青色など
カラフルな色であふれかえりましたが、
今は黒や茶系統でまとまりつつあるような気がします。
外壁もモルタルよりサイディングが増えました。
片流れの屋根がはやっていますが
そののうちに、また違った型がはやったり、
あるいは家の形そのものが変わっていくかも知れません。

陶器瓦和型

toyos1

戦前、屋根と言えば、ほとんどがいぶしかわらでした。
その後、塩焼きかわらとか、この陶器かわらが出きました。
阪神大震災では、木造の古い家がたくさんつぶれましたが、
築年数の古い古い建物か、構造的によくない建物でした。
古い建物は、建てた頃は屋根といえば、
焼き物のかわらしかなかったので、
かわらが倒壊の犯人のように思われてしまいました。
けど決して、いぶしかわらが重たいという理由で、
家がつぶれたのではなかったんですよ。

ピア釜3

gwkyan3

3日目
雨が降ってきましたが、
中3、高校生ががんばって
セメントを練って、レンガを積みました。
ピザ釜の上には、雨が降っても大丈夫なように
屋根も完成しました。
本当は、釜をもっと乾かしたほうがいいのでしょが
ピザを焼いたみたいです。
ツリーハウスもピザ釜もきれいにできあがりました。
次は何が立ち上がるんでしょうか。
集会で話し合いたいと思います。

またアライグマ確保

ピザ釜2

gwkyan2

2日目。
ここには、ツリーハウスもあります。
2年ほど前のGWに造り始めました。
キャンプはできるのですが、
調整区域のため、水道を引けません。
それで、井戸掘りをしたことがありますが
なにせ素人集団、
結局水を探し当てることはできませんでした。
それから数年、そこに今度はピザ釜を造ることになりました。
晩ご飯は、焼き肉。

ピザ釜1

gwkyan1

ゴールデンウイークにピザ釜造りのキャンプをしました。
5月というのに寒い西谷。
コンテナの荷物を整理するもの、
ハイキングコースを探すもの等々20人ぐらいが集まっています。
ベンチャー隊はピザのかまどを造りました。
耐火煉瓦は通販で購入。
まず1日目で5段を積み上げていきます。
夜ごはんは、キーマカレーとサラダ。
とここまでで、どうしても帰らなくてはいけない用事があり、
カメラをスカウトに預けて
お暇しました。

緊急出動

gwb

さぁ明日から休み、という日の午後3時過ぎに
突然、電話が鳴り、
すぐにかけつけました。
雨漏りの緊急電話でした。
工事の予定が詰まっていますので
とりあえず、ブルーシートをかけて
雨をしのいでいただきます。
このブルーシート、
屋根にかけるのも善し悪しです。
大きな風が吹くとシートごと飛ばされるし、音がうるさい。
それに、訪問販売業者がこのシートめがけて飛んできて
明日からでも仕事をしてあげますと
甘い言葉で施主にせまります。

GW

当店は下請け工事はほとんどしません。
元請けが95%になります。
昔はほとんどが工務店の下請けだったので、
工期に追われ、ゴールデンウイークなんかありませんでした。
それでいつまでも下請けに甘んじていてはいけない、
元請けになろうと決心したのが25年ほど前です。
阪神大震災後は完全に元請けに徹するようになりました。
それからはこちらの都合で休みが決められるようになりました。
でも天気商売なので、
ほかの会社みたいに、土曜・祝日を休むことはできません。
このゴールデンウイークも
もう少し長く休めるはずだったのですが、
雨などの影響で短くなってしまいました。

でもまだまだ仕事があります。
ありがとうございます。

yaeg1

塗装の写真をあまり載せませんが
去年から相当数の外壁塗り替えをさせていただいています。
ただ同じ色から、同じ色に塗り替える方が多いので
どうしても上手く写真に写りません。
色を変えたらいいじゃないかと思われるかもしれませんが
自分が、色を決める段になったら
この色と、なかなか即断できないものです。
そうなると、今の色か、それに近い物を選んでしまいます。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード