FC2ブログ

いぶし~銀黒

inod2

外壁にセラミックを塗らせててしまった施主様は、
もともと気のいい方だったんじゃないでしょうか?
床下換気装置なんかも取り付けてしまったかも知れません。
工事業者の間では熱がさめてきた、
太陽光発電システムも???
大きな遊休地をもっている、
余裕のある会社なら話しは別ですけど。
スポンサーサイト



いぶしにペンキ?

こちらのお宅、
昔ながらのいぶし瓦です。
簡単に言えば、
素焼き瓦を燻してススをつけたのがいぶし瓦です。
雨漏りがした時に訪販でもやって来たのでしょうか。
いぶし瓦にペンキが塗ってあります。
セメント系のものには、
ある程度の期間は色が貼り付きますが
焼き物にペンキを塗ってもすぐにはがれてしまいます。
こんなこと、屋根の専門家なら常識。
どんなにペンキを売りたいペンキ屋でも
プロなら絶対やりません。
こんなやり方で何回修理しても
当然雨漏りが止まるわけはなく、
天井板が落ちそうになっていました。

板張り

kathir


最近珍しくなった板張りの外壁です。
屋根の軒の出が長かったり
いい木を使っていたり
こまめに手入れをすれば
長持ちさせられるのですが、
なかなか、かないません。
雨の多い国ですから、
濡れても傷まない、
手入れのいらない外壁が望ましい。
そうなるとタイルがおすすめなんですが、
気軽に手が出せる価格に収まるわけではありません。
焼いてあるタイルは30~40年手入れが要らないんですが。

コロニアル

kichim

健康や環境問題の観点から、屋根材の中に
(有害な)アスベストを入れてはいけないことになりましたが、
その一方で、品質が落ちてしまいました。
実際に色持ちが悪くなったり、
材質がもろくなったりしています。
大メーカーは、クレームが出てきた段階で
すぐに商品を廃番にしたりしていますが、
そのツケは施主様と接点がある工事業者に回ります。
大メーカーは、いまでもなんの過失も無かったかのようにふるまっています。
名前が大きい、有名だからと言って
完全無欠な商品を造っていたわけではありません。

デザイナー’s

konuk

新進気鋭の設計士が造った家ですが、
20数年で雨漏りやらがひどいみたいです。
まず、かっこよさだけで家を造ってはだめでしょう。
日本は雨の国ですから
間取りや外観より、
まず第一に、雨漏りしないように図面を描かないと。

本職に

tanid

雨漏りがしたら、屋根屋を呼べば済む話しですが、
屋根屋以外の業者に頼んでしまうケースも見受けられます。
きっと営業トークがうまかったのでしょう。
しかし、屋根の素人に屋根をさわらせても
しょせん素人工事、
何か月か何年かすれば、もっと雨漏りがひどくなって
屋根屋に電話することになります。
その時はもう修理では済まなくて、全面葺き替えです。
なんせベッタリ、コーキングを塗ってしまってますから。

波板

oowai

小さな仕事でも喜んでやらせていただきます。
でも小さな工事だからといって、
費用も小さいかというと、
決してそんなわけではありません。
遠く離れたところへ訪問して、
改めて見積りを持って行き、
決まれば今度は色決めに行き、
その後、ご近所のあいさつに行き、
工事に入り、
最後に請求書を持って行きます。

寿命

oohaski

いくらいい品物でも永久に使えるわけではありません。
それと屋根材を造る技術もどんどん進歩して
昔と比べれば、ものすごくいい品質のものが
できるようになっています。
だから40~50年もの間、屋根の上にのっていれば
一応合格としてもらって、
その次は葺き替えられてはどうでしょうか。
しっかりしていれば、かわらはもっともっと
長持ちしますが。
見栄えも、趣も変わってきます。
なにせ、きれい。

いいかわら

sakamao

いくら焼き物の陶器かわらがいいといっても
やっぱり信用できるメーカー、工事店から
仕入れないと、あとあとのメンテナンスが
絶対といっていいほど変わってきます。
それと、屋根が雨漏りもしていないのに
必要のない修理(コーキング、しっくい)などは
しないことです。

緩勾配

ootan

ゆるい勾配の屋根には、
使える屋根材が限られます。
できることなら「4寸勾配」の屋根が一番いいのですが、
ゆるい勾配だと水の走りが弱くなって
雨漏りの原因になりがちです。
近年家が小さくなり、屋根裏物置きの要望が増えて、
急勾配の屋根も多くなっています。
急勾配屋根は、どんな屋根材でも施工できますが、
足場のことなど、
いつか必ずやってくるメンテナンスが大変です。

シルバー~銀黒

maedta2

防水材を張った上に遮熱シートを重ねます。
アルミが入っていて熱を反射してくれます。
次に、かわらを止める桟木を打っていきますが、
桟木には底に水が抜けるように凹になった木を使います。
葺き替え工事では、完工するまで毎日ブルーシートをかけて帰りますが、
この水が抜ける木だと、少々雨が降っても漏ったりしないからです。
そんなわけで、これを標準仕様にしています。

シルバー和型

maedta1

寄棟の屋根が雨漏りしています。
(よそさんで)何度と修理されていますが直らないそうです。
いくらかわらがよいと言っても
「葺き手」が悪くてはどうしようもありません。
かわらを葺き替えるとき、
確かに「費用」は基本的なことかも知れませんが、
「信用できる工事店」か、
「きちんとした材料」で「しっかりと工事」してくれるのか、
見極めることも大切ですよ。

屋根の塗り替え

nakamur14

阪神大震災の後に建てた家で
そろそろメンテナンスをしたいということだったのですが
なかなかOKのサインがでませんでした。
で、忘れかけた頃にGOサインがでたのですが、
タイミング悪くすぐには工事にかかれません。
それでもようやく工事にかかれたのですが、
工事の途中にご主人がお亡くなりになってしまいました。
もう少しで完成した姿をご覧いただけたのですが。
残念でなりません。

消費税増税

oonog

消費税が3%上がるということで
外壁塗装の駆け込み注文が
悲鳴をあげるほどの数になっています。
みなさんの近所を見回しても
戸建、マンション問わず
足場が建っていますでしょう。
今すぐ塗り直さなくてもいい壁でも
注文をいただいているほどです。
なにせ、足場メーカーに足場が足りないぐらいです。
しかし消費税アップ後の冷え込みが心配です。
阪神大震災復興需要後の冷え込みを思い出します。

タイ正月3

前回の帰り便は夜中でした。
いくらビジネスでもしんどいので、今回は昼便にしました。
1時間見ておけば着くだろうとのことでしたが、
1時間ちょっと前に家を出ました。
丁度通勤ラッシュ時で、バンコクに入ってくる道は
とても混んでいました。
大きな交差点がまた問題で、反対車線の左側が動いて、
右側は止まっています。左が止まったら、右が動き
今度自分のところが青になっても相手側が先に進んできて
最後に自分のレーンが動くことができるという
大きな交差点で5分ぐらい待たなくてはいけません。
やっとのことで高速に乗りましたが、基本高速は
ほとんどお金が要りません。
やはり隣りの国に行きやすいのか
3件ほどどこかの国の偉い人が通るの出会いました。

ビデオを回しすぎて写真があまりありません
のでyoutubeでご覧ください。
http://youtu.be/LtXvxIIrDgE
http://youtu.be/EU6RZHddgFo
http://youtu.be/Qg22qDpxAU0
http://youtu.be/ana1x305ptg
http://youtu.be/ywnd_vvz3VQ
http://youtu.be/BhcSqeHDV7k
http://youtu.be/-CNAZRrz8NY
http://youtu.be/-X_U1sKmcQo

タイ正月2

banko142

バンコクの交通事情ですが、
タイも車購入の補助金が出て車が売れたそうで、
高い車やきれいな車でいっぱいです。
日本と同じ左側通行ですが、常に左折可です。
それと信号の数が少ないので、右折するときは
左から車が走ってきていても、無理やり右折していきます。
のんびり左からの車が無くなるのを待ってなどいられません。
バイクもすごいスピードで車の間をすり抜けていきます。
バンコクはお寺も多いので、
いくつかめぐってきました。
サンデーブランチにも行きましたが、
行ってビックリ。お一人様2600バーツ。
でも中国系の人たちで席は埋まっていました。
恐るべし中国パワーですね。
当然、日本人などいません。

正月タイ1

banko141

1日の朝は6時ごろ起きましたが、日本ではもう8時。
何十年もずっと早起きして参加していた、
ボーイの旗揚げ式もとっくに終わっている時間です。
まず、昨夜から水につけておいた昆布と混合節でダシをとり
雑煮をつくりました。
テレビも日本で今やっている番組を観ることができます。
ただタイで8時なら、日本は10時なので、10時のTVをやっていることぐらい
がアンバランスで、部屋の中にいれば、日本にいるのとなんら変わりません。
さすがに1日は部屋でごろごろ。
2日からは、有名なマンゴ屋に行ったり
きれいなナイトマーケットに行って
タイ料理を食べて、タイ舞踊を観たりしました。



年末バンコク

banko13

日本では、タイのデモが大きく取り上げられていますが、
実際バンコクにいると、どこでそんなことやっているの?
というぐらい平穏です。
日本のメディアは大げさに扱いすぎではないでしょうか。
この時期が一番いい気候らしく、少し暑いですが
汗をかくこともありません。
年末はいつものように小龍包を食べたり
小泉首相も行ったエビ料理屋にも行きました。
またバンコク一高い88階での食事もしました。
王宮、水上マーケット、線路の上の市場などを
めぐりました。
なんせありとあらゆる人種の観光客でどこもいっぱいです。
こちらのクリスマスツリーはでかい。
新年が開けても飾ってあるし、クリスマスソングも鳴っています。
31日の夕方、伊勢丹前にすごい数の警察官がいましたが、
これはカウントダウンのための警戒だったようで、
こんなことに警察が大量動員されるぐらいですから
デモなんてどこ吹く風です。

修理、修理、修理

fukud2

かわらを剥ぐってみてびっくり
何回も部分的に修理をされています。
下地の板も新しく貼り直したりしていますが
雨漏りは止まらなかったようです。
何回もこれだけの修理をしていれば
たぶん、葺き替え以上のお金を
使ってたことでしょう。

初仕事

fukud1

年初はじめの仕事h、葺き替えでした。
増税の駆け込み需要で
何か月もお待ちいただいてました。
年頭早々にもかかわらず
こころよく工事をさせていただきました。
また、4月ごろ工事にかかるような物件も契約できました。
この波に乗っていきたいものです。

長い休み


昨年はこんなブログを読んでいただき
ありがとうございました。
2回目のバンコクを過ごしてきました。
例年になく涼しいそうで、エアコンも使わず
夜は窓を閉めないと寒いぐらいでした。
バンコクでもめずらしい気候だったそうです。
日本ではしなかった大掃除も済ませ
おせちも買い、雑煮の用意も済ませ
録画しておいた紅白をこちらの12時に合わせるように観て
正月がやってきました。
どこからとなく花火や爆竹が鳴り響いていきます。
1日は、日本となんら変わらない正月をさせていただきました。
タイの正月は4月なので、2日は普通の暮らしがありました。
4日になると急に暑くなり、バンコクの冬が終わったようでした。
2週間あちこち動き回ってきました。
今年はしばらくは忙しいみたいです。
息切れしないことを願って、
がんばっていきます。
正月花火
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード