FC2ブログ

瓦棒

ishikaw

鉄板屋根の塗り替えです。
みなさん、
一度塗装すればずーっと塗らなくてもいいと
考えておられるようですが、
特に雨が当たる場所のペンキは
どんどん色がはがれていくので
こまめな手入れが必要です。
これだけほったらかしにしていたら
いくら塗り替えても
すぐにまた塗料がはがれてきます。
スポンサーサイト



カラーベストの塗り直し

tasupe

カラーベスト屋根のメンテナンスで、
安上がりなのは再塗装です。
しかし、ただ塗ればいいというわけではありません。
カラーベストとカラーベストの重なり部分は
水が抜けるように開いているほうがいいのですが、
塗装をするとそこがひっついてしまいます。
カラーベストの塗装はいつかははがれてくるもの。
その時、全体的にきれいにはがれるわけではなく、
部分的にはがれていき、
カラーベスト自体が水を吸うようになります。
でもその吸った水の出ていく部分が
塗料でひっついたままになっているわけです。
そうして雨が漏るようになります。
後々雨漏りがしないようなメンテナンスをおすすめします。

平葺き

yanagaw5

平たく葺いてある鉄板屋根の部分も
この際に葺き替えました。
鉄板はガルバ鋼板です。
昔のものに比べれば、
耐久性がすごく増しています。
こんなところも一緒にやり替えておく方が
結局安上がりです。
当然、見栄えもずっとよくなります。

雨とい

yanagaw4

今回、雨といも交換しました。
屋根を葺き替えるときは、
雨といも一緒にやり替えたほうが、
安上がりですし、
見栄えが全然変わります。

青緑~銀黒

yanagaw3

いまどきの家は洋風ばかりになってしまい、
昔ながらの型のかわらが使われることが段々少なくなってきました。
昔ながらの型のかわらは、良く研究されていて、
雨の水が一定のところに集まって流れるようになっていて、
すぐれているんですがね。
それに屋根面積も段々小さくなってきているし。
でも大きな屋根ならこの昔ながらの型が良く合うんです。


品質と値段

yanagaw2

いくら陶器かわらがいいと言っても、
品質のしっかりした品物を使ってのことです。
特にかわらは、自然にさらされるので、
土の質と焼きの温度が重要です。
これがしっかり管理されていないと、
何年かすると、写真のように
せんべいのように薄く割れだします。
かわらの表面にこのような現象が出だしたら、
裏面はもっとひどいことになっています。
こうなったら葺き替える外には手はありません。
値段が安いからと言って、このようなかわらを葺かれたらどうしますか?

入母屋なのにスレート屋根?

yanagaw1

見積りにお伺いしました。
おぉ、入母屋か!とおもいきや、
その奥の離れの葺き替えでした。
入母屋の屋根はカラーベストに葺き替えられています。
そのときどうして当店を呼んでくれなかったのでしょう。
当店なら入母屋にこんなカラーベストはおすすめしません。
入母屋は使う屋根材で、見栄えが全然違います。
日本瓦が最高に似合う立派な入母屋になれたのに…
後から悔やんでも取り返しがつきません。
離れの方は、かわらからかわらへ葺き替えますが、
一輪車も入らないので、手で担いで運び出します。
ついでに、雨といも鉄板もやり替えます。
ps.
久しぶりに1匹get。

ぬれ縁

nakagakam

屋根の葺き替え、外壁の塗り替え、トイレ新設など
色々やらせていただいているお宅で、
今回はぬれ縁を付け替える工事をさせていただきました。
アルミの色は今流行の色に、
濡れ縁は樹脂に付け替えました。

へい塗装

heito

塀の塗装をします。
塀自体が水分を含んで、
塗膜がふくれたり打ち破れたりすることがあります。
塀の裏側が土であればそこから水が浸み込むし、
上部からも水が入ってきます。
水分を逃がすために、
塀面には防水性のいい塗料を塗ってはいけませんが、
逆に、写真のてっぺんのグレイの色の笠木部分には
水分が入らないように防水性のあるものを塗らなければいけません。
普通の塗料を塗るとすぐに壁が膨らんできてしまいます。

軽い屋根?

yamash

淡路で地震が起こり、
「やっぱり屋根は軽いほうがいい」と思われた方へ。
軽いのも結構ですが、
10年もしないうちにこんな風になってしまいます。
それでも再度、塗り替えたり葺き替えすればいい
とおもってらっしゃいますか?
せっかく葺き替えるならもう20~30年、
メンテナンスも要らない屋根材を選ばれてはいかがでしょうか。

かわら屋の仕事

dair10

屋根の葺き替えで一つ問題になるのが、
1階の屋根が2階の壁と繋がっているところ、
ブリキとかわらが横に2枚入っているところの納まりです。
きれいに納めないと、
せっかくの葺き替えが台無しになってしまいます。
瓦屋以外の業者がやると、
この部分をブリキだけで仕舞いしがちですが、
元通りかわらを置いて納めるのが、かわら屋です!

オレンジ和~ナチュラルレッド

dair9

白いしっくいが多いほど
雨もりに気をつけなければいけません。
今回は黒いしっくいで、
かわら同士が全部重なり合うように葺きあげました。

土曜日の早朝の地震にはヒヤッとさせられましたが、
かわらのずった映像が多数テレビで流れていたのをご覧になりましたか?
ここで映っていたのは、ほとんど昔ながらの工法による古い屋根でした。
つまり、屋根に土をのせて、うら側に(ひっかけの)爪の無いかわらを
土の上に置くだけの葺き方です。
このかわらがずれた屋根は、
阪神大震災の時どうもなかったので、そのままにしておいたものです。
映像の中で、隣りの屋根も同じ瓦屋根でしたが、
その屋根はどうもありませんでした。
すべてのかわら屋根が落ちたわけではありませんでした。
土を置いて葺く工法は、この地方の昔ながらの工法なのですが、
阪神大震災以後は、葺き方、工法も色々見直されています。
いまのかわら葺きは、屋根の上の桟木(さんぎ)にかわらをひっかけて、
さらにビスを打って葺きあげているのでしっかり固定されています。
さらに鬼瓦のついている棟も、ビスで固定しているのでびくともしません。

当店では、創業以来この工法です。
断熱効果にもすぐれているんです。

ハイキング

2.6.8haiki

なんと3週続けて屋外です。
朝8時30分に阪急西宮北口に集合して
すぐに電車に乗り六甲駅へ。
ここで中3に地図を持たせて六甲山へ出発
したのはいいのですが、地図を読まずに感性で歩くと言っていたとおり
すぐに道を間違ってしまうありさま。
六甲駅~伯母野山~天狗塚~杣谷峠~穂高湖~カスケードバレー~徳川道~六甲駅
というのが今日のコースです。
天気予報では20度になると言っていたのに寒い。
でも急坂をほんの30分ほど歩いて半袖になりました。
しかしよくこんな坂のきついところで皆さん生活されていますね。
(おまえも、そんなとこに住んでいるんちゃうんか、と言われる前に)
住宅街を通り過ぎてからに山道もきつい、きつい。
なんとか長峰山の三角点に到着。
峠までもう少しとたかをくくっていたら、
峠までの遠いこと。
昼よりずっと前に到着したので、湖で昼食、少し長い休憩をとりますが、
寒いのでさっさっと下山します。
峠からは、ずっと岩場の下りで、駅について階段を上るのがとてもつらかった。
今回、上りより下りがひざにくるというのがよくわかりました。
一番感心したのは、野帳をつけながら歩いていたスカウトがいたことです。
ただ、何も考えずにあるいていたらいかんよ!
やっとのことで駅にたどり着いて、六甲の急な坂に住んでいる人と
同じような急坂の我が家にはうようにしてたどり着きました。

棟包み

dair8

平たいかわらの場合、
棟の部分には、かわらを1枚かぶせるだけですが、
平たいかわらと棟のかわらの間に、
しっくいを入れます。
今回はアルミでできていて、
かつ空気が抜けるようになったシートを被せます。
今後、このようなタイプが主流になりそうですが、
今のところ、価格に課題があります。

ナチュラルレッド

dair7

いやぁ、長く引っ張ってしまいましたが…
さぁ、かわらを葺いていきます。
久しぶりに、きれいな明るい色のかわらです。
屋根の色といえば最近は、黒系か茶系がほとんどです。
バブルがはじけるまでは、明るい色もありましたが、
崩壊後は落ち着いた色が好まれるようになりました。

ん?ひょっとしてこれは景気回復の前兆でしょうか!

雨とい

dair6

屋根を葺き替えるとき、
雨といも一緒に交換すると
安上がりだし、
見栄えもとてもきれいになります。
当店が使用するのは角といです。
それに雨といを支える金物まで交換します。

バラ板

dair5

30年ぐらい前までは
注文住宅以外はこのような耳付きの
バラ板を屋根の野地板に使っていました。
でもこの家、注文住宅みたいなんですが。

準備訓練

jyunnkya47

夏に山口である、ボーイスカウトのジャンボリーに
派遣されるスカウトの準備訓練がありました。
高校生は前の日からキャンプをしましたが、
天気予報どおりの強風と雨でした。
長靴がそれを物語っています。
新しいテントを使うのは2回目ですが、
またしても雨に濡れてしまいました。
翌日曜日は中学生も集まっての集会です。
持ち寄ってきたテントを建て、
これからジャンボリーが終わるまで使用するテント選びをし、
昼食に豚汁をつくって、コミュニケーションづくりをします。
この仲間が会うのはまだ2回目で、まだまだ打ち解けていませんが、
早く仲間づくりをしないと優秀班や、自由時間が取れなくなりますよ。
三田で集会をしましたが、川西、伊丹、宝塚と帰っていくので
そう長く集会もできません。
午後3時過ぎにお開きとなりました。
先週キャンプ、今週も、来週はハイキング。
よくやりますわ。

多面体

dair4

これほど屋根面の多い屋根の工事はそうありません。
屋根坪が大きければあまり問題ないのですが、
あまり大きくない屋根にたくさんの面をつけるのは
感心しません。
納まりが良くないので雨漏りの原因になります。
かたちは平凡ですが、
切り妻屋根がメンテナンスが要らないので
良いと思います。

しっくい

dair3

いくら安くつくからと言って、
しっくいの上にしっくいを塗ってはいけません。
もししっくいを塗りたければ、
今のしっくいを取り除いて、
新しいしっくいだけを塗らなければいけません。
どちらも仕上がりは一緒のように見えますが、
しっくいの上にしっくいを塗った屋根は、
数年後、必ず水を吸うようになって、
雨漏りが始まりだして、
結局全面葺き替えになります。
しっくいはお化粧です。
あまり気にする必要はありませんが。

春キャン3

harukyan20133

1日目は風が抜けるテントで眠れなかったので、
2日目は風が抜けないテントで眠りましたが、
台湾でひいた風邪がなおひどくなったような気がします。
タイへ旅立つ飛行機も見送らずにキャンプです。
3日目の朝もご飯とみそ汁、それに昼のおにぎりを一緒に作ります。
が2団は昼のおにぎりを作らないといいます。
朝礼後、雨が降り出してきたので、まず徹営をします。
せっかく新品のテントを買い与えたのに、
雨の中、土足でテントに入っています。
思わずその足を蹴ってやりました。
朝の課業、地図とコンパスに出かけました。
そうして11時すぎからたった2日のキャンプの閉会式をして
また10数キロを歩いて帰ります。
我々は最後尾を歩きます。
途中唯一のコンビニの近くで昼休憩をとったみたいですが、
丁度我々が休憩場所に到着したころに、勝手にコンビニで買い物をした
スカウトが帰ってきたところで、
うんも言わさず買い物の袋をハバサックに詰めさせてすぐに出発させました。
ボーイでさえも自由に自分勝手にできると思っているのでしょう。
ジャンボリー訓練ではもっときびしい隊長です。
なんと2万数千歩歩いてやっと野洲の駅に到着。
予定より早めの新快速に乗って宝塚到着。
皆さん、お疲れ様でした。
キャンプに参加して解散、疲れただけでは終わりません。
雨の中の徹営は、後日の乾燥作業が残っています。
本当はスカウトが次の日に出てきてするんですよ。

春キャン2

harukyan20132

朝起きても5~6mの波だそうです。
まず朝食のごはんと味噌汁を炊いて、昼食のおにぎりも一緒ににぎります。
なんせケチケチの費用ですから、でもカヤックは半日5000円は惜しげもなく払います。
朝礼後、近江八幡まで自転車を1時間こいでいきます。
そのあとは、中の湖で約3時間のカヤック体験です。
インストラクターもたくさん来てもらって、
いい経験ができました。
また、自転車に乗って八幡神社へ。
そこから山頂までオリエンテーション。
降りてきたかと思ったら、夕食の準備のために
また1時間自転車をこいで帰っていきました。
夕食は、ちゃんこ鍋。ダシも作りました。
夜の課業はロープの末端止め。
クラウンノットからバックスプライス。
さつま加工までしました。
夜も風が強いのでさっさと眠りました。

春キャン1

harukyan2013

宝塚育成会合同の春のキャンプに琵琶湖へ行ってきました。
宝塚からJRに乗って尼崎で乗りかえて野洲へ。
遠いと思っていた琵琶湖へ1時間すこしで到着。
でもこれからが長い道のりでした。
宝塚は山がすぐ近くにあるのであそこまでなら何分でいけるなとなんとなくわかるのですが、
近江平野は山が無いのに歩けど歩けど琵琶湖に近づきません。
歩くこと10数キロ。やっとのことでフロリダの?マイアミビーチに到着。
まず開会式をして、テントを建てていきますが、
すごい強風が吹いています。
マーキーなんかは飛んで行ってしまうぐらいです。
何とか設営が終わって、夕食はキーマカレーです。
これがこの夏の日本ジャンボリーのメニューに入っているので
これを試しましたが、なんとなくいただけました。
夜の課業は翌朝のカヤックとサイクリングの説明などを
詳しくする予定でしたが、なんせ強風が吹いて真冬と同じなので
さっさと終わって就寝です。
でも夜中も風は止みませんでした。

たたみ

tatam

タイに行くまで過ごす部屋が
板張りなのでたたみにしました。
たたみを入れてすぐに引越しの
ダンボールが届きました。
4か所に分けて発送だそうです。
この引越し代だけでも100万は軽く超えるでしょう。
ひとりが海外に出ていけば1年2000万円は軽く超えるそうです。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード