FC2ブログ

忘年会


bou2012

ボーイスカウトの忘年会。
スポンサーサイト



片付け

sooo

今年は、倉庫を少しづつきれいにしました。
今年は、新築工事(下請け)は一軒もしませんでした。
自社が元請けとなる仕事が中心でした。
そして「スレート」と呼ばれる新建材の施工ほとんど受けませんでした。
「焼き物のかわら」か「ガルバ鋼板」がメインになっています。
また「外壁の塗り替え」や「タイルの工事」もたくさんいただきました。
来年は消費税の駆け込み需要があるだろうといわれています。
いい年であってほしいものです。
では、この業界特有の長い正月休みに入らせていただきます。

今年も皆様には色々とお世話になりありがとうございました。
来たる年が皆様にとって幸せな年になりますように。

ガルバ鋼板

simi3

カラーベストの上に
ガルバ鋼板を葺く工事が終わりました。
最後に足場を解体して下の車まで運びます。
急勾配の屋根だっために、
余分なお金がかかってしまいました(足場+運搬)。
あとあとお金のかからない、
家づくりをすることが大切ではないでしょうか。

重ね葺き

simi2

こんな急勾配の屋根は、
足場代が高くつきます(足場+屋根材)。
できるだけ長くメンテナンスの
要らないことをした方が賢明です。
防水材を貼るだけでも一仕事です。

足場

simi1

この家、
作業条件の悪い小高い所に建っています。
まず足場を組みますが、
階段はあるし、屋根は急勾配、
足場を組むだけで2日かかります。
急勾配の屋根は、
メンテナンスが要らない材料を使うと
(最初にお金をかけておくと)
後々助かりますよ。

nnk

谷部分の補修ですが、
谷の板は入れ替えないでとのこと。
かわらの並びが汚いので
きれいに切って葺き直すだけです。
せっかくなら谷板ごと替えた方がいいのですが。

ケルhy?

housy2

高圧洗浄をしますが、
TVを見ていて、CMのように真っ白になるのかな
と思われていたようです。
CMのものの動力は電気、我々が使用するのはエンジンです。
馬力の差は歴然ですが、
それでもきれいに落とせるものではありません。
TV CMを真に受けたらいけません。

フローリング

housy3

フローリングも長年使うと
色々と傷がついたり、色あせしたりしてきます。
今回は色あせが気になるということで
色を付けて、その上にワックスを塗っていきます。

カーペット

housy1

最近はフローリングが多くなってきて
カーペットの床が少なくなりました。
フローリングは冬寒く、ほこりが目立つ。
カーペットは冬あたたかく、ほこりが目立たない。
一概にどちらがいいとは言えませんが。
建材メーカーの戦略勝ちでしょう。
3部屋と廊下を貼り替ました。




クリスマス会

kuris2012

早目のクリスマス会でした。
13時に集合して準備、15時からゲームをして過ごしました。
そのあとプレゼント交換をして、ケーキを食べて
1月1日に会いましょうと約束してあわただしく17時に終了。
なんせ公民館は時間にうるさいのです。
その後買い物をして、イルミネーションを見て忘年会へ。
鍋を2つ用意して15人ほどで始まりました。
1つの鍋に何か月か常温保存の冷凍ぎょうざを入れて
食べている強者がいましたが、さすがに2.3口で鍋ごと
やりかえることになりました。
女性は10時すぎから帰っていきましたが、
夜中の12時から三宮で忘年会というものまでいました。
12時ごろには大阪で忘年会をやっていたものや
夜勤がえりもあつまってきました。
なんと南アからも参加です。
夜中の1時過ぎにお開きになりましたが、
南アに帰る人は、6時には空港に出発だそうです。
翌朝、身障児の奉仕に行く彼を残して帰ってきました。
もう一人の奉仕に行く彼は、金、土、と2昼夜塾でしぼられて
忘年会にも参加できず、
日曜の夜中2時にようやく家に帰って9時に奉仕にやってきました。
さぞかしいい学校に行くことでしょう。





しっくい

khousyou3

葺き替えたほうがいいのですが、
今回はしっくいとかわらの手直しをします。
下のカラーベストもあちこち割れていますが
差し替えます。
明り取りのトップライトは、
夏にとても暑くなるということで
板金で隠してしまうことになりました。

フェンス塗装

khousyou2

フェンスと塀の塗り替えです。
まず、フェンスのサビを取り除かなければなりません。
それからサビ止めをして、色を付けます。
塀は3mほどの高いところにありますが、
足場をしないで塗っていきます。

検針扉

khousyou1

ガスメーターが入っている鉄製の扉の交換です。
特注になります。
まず採寸して、工場で加工し、
出来上がったら現場でもう一度修正。
さび止めをして、ペンキを塗って仕上がり。
これだけで2業種入るため、
費用的には高くつきます。
しかし見栄え良くしっかりと仕上がりました。

波板

kamed3

屋根が新しくなったので、
波板もポリカの
新しいものに交換しました。

またまた、アライグマ捕獲。

遮熱

kamed2

土を取り除いて葺き替えすると、
土の分だけ暑くならないかと心配されるようで
遮熱シートの注文が増えています。
もっとも、焼き物のかわらを葺くだけでも、
カラーベスト等の薄い屋根とは、
比べ物にならないくらい断熱効果が高いです。

オレンジ和型

雨が漏っているので葺き替えます。
寄棟で4方向からすべて、雨漏りしています。
今日の現場は場所がいいので
あっという間にかわらを降ろせるのですが、
15万ボルトの電線のすぐそばでの工事になってしまったので、
電力会社の人が付き添っています。
人に見られていると緊張するもので
しごとも

六甲縦走

rokoju2012

http://bs-hankita.jimdo.com/行事案内/第3回六甲縦走大会/
速報をクリック

始発の電車に乗って、西宮北口で集合の予定でしたが、
電車に乗ったら,6団のスカウトがそろっています。
北口に着くと、新開地行の電車が来ているのですぐに乗り込みました。
乗ってしばらくしてからTELが。ひとり大学生を忘れていました。
まぁ、後からひとりで来てもらうことにします。
6時すぎに須磨浦公園に到着して、報告をしてさぁ、出発です。
全長54km、がんばって歩きましょう。
といっても、スカウトのことですが。
私は啓明学院のところで待っていましたが、
我が2団はグループの真ん中あたりで歩いてきました。
5年生の女の子がいますが、がんばっています。
次の大龍寺には、グループの1/3番目になっていました。
掬星台にも、去年より早いペースで到着です。
ここから記念碑台まで一緒に歩きましたが、
一番先頭を歩いていた団が、このグループに飲み込まれて
歩きながら、ずっとリタイヤする、リタイヤすると言っています。
はじめのペースがあまりにも早すぎたのでしょう。
最高峰には雪が積もっています。車道も凍っています。
ここで2度目のスープを飲んで、いっきに宝塚をめざします。
夜の7時すぎに、塩尾寺下の公園に到着しました。
ここで完走証と記念品をもらって、ラーメンを食べて下山していきました。
スカウトと一緒に帰りたかったのですが、
TV塔より上の登山道で、うちの大学生から他の団のスカウトが倒れていて
意識がないという連絡をもらっていて、そちらが心配で帰れません。
結局は寒さによるもので、難無きを得ましたが、とてもびっくりしました。
我が団は宝塚の中では一番でした。よくがんばりました。



屋根壁

takam4

屋根を葺き終わった後に、
壁もきれいにしようということになり、
塗り替えをするケースが多くなってきました。
屋根と壁と一度にすると施工費が大きくなるので、
最初は屋根だけ、と思っていたのが、
いったん屋根がきれいになってみると、
壁の汚れが気になり出して、
この機会にきれいにしようと思うのでしょう。
一般に屋根が葺き終わった後に壁を塗り替えるパターンが多いかも知れませんが、
当店では、2階の屋根を葺いている間に2階の壁を塗り、
その後1階の屋根を葺くようにしています。
そうすれば、葺き終わったきれいなかわらの上を踏み歩いたり、
汚してしまうようなこともありませんので。

引っ掛け

takam3

震災以降、土を載せないでかわらを葺くことが
当たり前のようになりましたが、
絶対に土を置いてかわらを葺いてはいけないというわけではありません。
メディアが「屋根は軽いほうがいい」というから。
よそのかわら屋も土を載せないから。
土を載せてかわらを葺くと、注文が取りにくいから。
そんな理由で土を載せていないのです。
震災前は、土の上にただかわらを置いていただけなんです。
かわら同士、互いにかみ合っているし、
かわらが土にずっとくらいついていると思っていたのです。
確かに昔の土は、
半年ほど寝かして腐らせるので「粘り」があったのですが、
ここ20~30年位前からの土は、
半分砂のような粘りのない土になっていました。
それでもみんな、なんの抵抗もなしに、
釘も打たずにかわらを葺いていたのです。
かわらに釘さえ打っていれば、ずれなかったのに。

寄棟

takam2

古いかわらを使って葺き直します。
三角のかわらがたくさんあります。
昔の職人が、四角いかわらをハンマーで割って
屋根の形状に合わせたものです。
今みたいにダイヤモンドのカッターはありませでした。
古いかわらで組みなおすには、
そんなかわらをどこにはめ込むか苦労します。
また、かわらに釘穴が開いていなかったりもします。
そんなわけで新築以上に手がかかるのです。

古いかわらでの葺き替え2

takam1

また、古いかわらを使っての葺き替えです。
いくら手がかかると言っても
お客様のご意向優先ですから、
喜んで仕事をさせていただきます。
かわらを下に降ろしますが、
新しいかわらを使う場合のかわら降ろしと比べると
倍の時間がかかっています。

ラン

rann

蘭を2つもいただきました。

3年10棟

kanng127

山の中で、3年にわたって10棟の屋根を
古いかわらを使って葺き替え、ようやく終わりました。
まだ他に、塩焼きかわらの古い屋根の建物があります。
また来年もここでの仕事が続きます。
今度は新しいかわらでの葺き替えになります。
ありがとうございました。
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード