FC2ブログ

雪止め

屋根勾配が急で、
街中なので、となりどうしが引っ付いています。
もし何年かに一度でも雪が降ってその雪が
隣りにでも落ちたら困るということで
なんと1面に100本近い雪止めを取り付けました。
こんなには要らないと思いますが
要望なので取り付けました。
nogam3
スポンサーサイト



シルバー~平板

コーキングを塗ったかわらはもう使えません。
ということで全面葺き替えします。
しかしこの屋根4面のうち2面の勾配がきついので、
足場をしてから、かわらをめくります。
さらに、かわらや土が下に落ちないように
気を配ります。
nogam2

コーキング

かわらにコーキングですが、
水が抜けるようにしていれば
大丈夫と思ってしてあるのでしょうが、
所詮コーキングをした時点で雨漏りする
原因をつくっています。
だからこんな中途半端なコーキングでも
屋根を葺き替えないといけなくなるんです。
nogam1

分譲住宅だから?

以前当店が仕事をさせていただいたお宅が
新たに分譲住宅を購入されました。
どうもかわらの葺き方が気になるので
見てほしいということで伺いました。
端っこのかわらのすき間が、ちぐはぐになっています。
それに、左右の棟のかわらのすき間が
右はきれいに納まっているのに
左はすき間が開いて木が見えています。
まぁ、分譲ってこんなもんと言えばこんなもんかも。
注文住宅と分譲住宅の違いです。
koree

シングル

近頃、シングルという屋根材がはやっています。
これはカナダやアメリカで使われている
アスファルトからできている屋根材です。
今は大きな電気メーカーの子会社になった会社が
30~40年前に、軽くて安いとさかんに使っていましたが、
20年も経てば経年劣化で腐ってしまう材料でした。
それがまた流行っているのです。
30年保証しますと言って販売していますが
どうなることでしょうか?
それにアスファルトなので、夏は暑い。
isidn20129

一番

屋根は「かわら」葺きが一番いい、と言っていますが、
いくら「かわら」が良くても
葺き方が悪ければ、結局雨が漏ってしまいます。
「かわら」ならどんなものでもいいわけではなく、
品質のいい「かわら」を使って
きちんと雨が漏らないような葺き方をしなければ
「かわら」は生きません。
また、「かわら」は屋根に遮熱材をひかなくても
それ自体に遮熱効果があります。
見た目が美しい、雨音があまりしない、
長持ちする、
メンテナンスが長期間要らない、などなど、
「かわら」にはたくさんのメリットがあります。
iosh

雨漏り

以前屋根を葺き替えた家から
雨漏りがするということで
飛んでいきました。
当店が葺き替えをした屋根で
雨漏りがするということは考えられません!!
天井裏に見たりして確認した結果、
雨戸の戸袋のところから漏っていることがわかりました。
原因は、戸袋の構造にありました。
昔は見栄えを考えて、
戸袋をモルタルで囲うやり方が多かったのですが、
大雨が降ると、雨戸を出し入れする開口部から水が入り込み、
出口がないので、内部に浸みてしまうのです。
それに最近は雨戸を閉める家が少なくなっています。
雨戸が開いたままだと、雨は戸袋の中に入り込みやすくなります。
こんな戸袋の造りの家はまだまだたくさんあります。
tobuku

シルバー~平板

このお宅、地震のときに
土を使わないで葺きあげる
空葺きにされたそうですが、
かわらがさん木に引っ掛けられていません。
これでは雨が漏ってきます。
訪問販売の、
うちも瓦の仕事ができますとか、
格安にしときますという言葉や、
値段だけで決めてしまうと
こんな結果になってしまいます。
まともな瓦屋ならこんな仕事はしません。
hiratuk

鉄部階段

外壁を塗り替えると
この先10年間は何もしなくてもいいと思われる方が多いですが、
鉄部、木部、プラスティックは
壁よりもずっと早く色がはげていきます。
要するに色持ちが悪いのです。
でも一度塗り替えをしてしまうと
これで当分大丈夫だと思って安心しきってしまうみたいです。
残念ながら鉄部、木部、プラスティックはこまめに塗り替えをしないと
写真のようになります。
特に鉄部がサビてしまったら下地からやり直さないと、
サビの上にペンキをいくら塗っても、じきはがれてしまいます。
sanshinn

トタン屋根

トタンの屋根、壁の塗り替えです。
本来なら葺き替えをおすすめしたいのですが
なにせお年寄りなので塗り替えします。
上の塗料をはぎ取って
さび止めをして
塗っていきます。
でもまた3年後ぐらいには
塗り替える必要があります。

またお休みします、東京へ行きます。
morimotka

兵庫県連合同野営大会

8/8~12まで宍粟市のロクロシの森というところまで
兵庫県のボーイスカウトの野営大会に行ってきました。
2.3日前に食料や資材の買い出しをして、
2tトラックに荷物を山積みして朝6時に宝塚を出発しました。
スカウトがキャンプ地に到着する前に
荷物を下ろして、車を停め置きする場所まで移動させます。
でもキャンプ地まで約1時間弱歩かなければたどりつきません。
1日目は設営をして夕方から開会式に臨みました。
知事も来られていました。
その晩テントに入って眠りましたが、
寒いのなんの、20度を切っているようでした。
2日目からはスカウトはショート、ミドル、7時間のロングハイキング
丸太切り、火起こし、パイオニアリングなどのプログラムに参加し、
3日目の夜には大営火がありました。
閉会式はなんとどしゃぶりの雨の中行われました。
テントサイトにたどり着いたときは、制服はびしょ濡れ。
徹営の天気予報は朝3時から9時までは晴れの予報が出ています。
それなら4時起きでテントを片付けようということになりさっさと寝ます。
早朝起きましたが、残念ながら小雨が降っています。
どうせ帰ってから乾燥作業をしなければいけないのでテントをたたんでしまいます。
そして、1番早く最終点検を受けましたが、
なんと、みんなの制服がびしょ濡れというのがわかっているのに、制服を着ないと
点検はしないとおっしゃる。
仕方なしに、指導者だけ濡れた制服を着て点検を受けました。
さあ、気持ちの悪い制服を脱ぐぞと思っていると、本部テント前も全員制服で通れと。
スカウトを送り出してから、待つこと2時間。
やっと車をキャンプサイトまで入れて荷物を積み込み、宝塚の倉庫まで帰ってきました。
また明日乾燥作業をするのもしんどいので当日のうちに済ませておきます。
でもこれがよかった、次の日雨でした。
楽しいお遊びのキャンプではなく、
普通のキャンプでしたが、自分ももっと野営技術を身に付けなければいけないと
つくづく実感しました。
hyoc2012





しばらくお休み

明日からボーイスカウトのキャンプへ行きます。
8/8から8/16までは
パソコンが使えないので
ブログの更新を休ませていただきます。

暑さ真っ盛り、どなた様も体調にお気をつけください。
kanb4

シルバー~銀鱗

雨漏りしないように
コーキングを塗ってもらったのに、
コーキングを塗れば、逆に雨漏りします。
結局、全面葺き替えしないといけません。
また、阪神間でも少し寒い所では
いい品質のかわらを選ばないと、凍てて(凍害)、
せんべいみたいにかわらが割れてしまいます。
まして品質の良くないかわらに
コーキングをする意味はありません。

太陽光パネルの場合も、
屋根かわらが古いのに葺き替えないで
新品の太陽光パネルをいくら設置しても、10年やそこらで
屋根を葺き替えなくてはいけない時期がやってきます。
そのときは、屋根の葺き替え費用に加え、
太陽光パネルを撤去して再度設置する費用が余計にかかってしまいます。
太陽光パネル屋さんは「売る」のが商売ですから、
なかなかそこまで教えてくれないかも知れませんが、
そういうときこそ当店にご相談ください。
kanb3

シーリング?

シーリングやらコーキングとやらを塗ったあと
かわらを剥いでみると必ず土が濡れています。
空気が出入りできないので乾かないのです。
土が長く濡れているままだと野地板が腐ってきます。

そういったことを知っていないと、
訪問販売がやって来て、
「この工事をすれば何十年も持ちますよ。
葺き替えをしたら何百万円もかかりますが、
コーキングならその1/3で済みますよ。
安くて強くなりますよ。」
という巧みな営業トークに負けて発注してしまいます。
やがて雨漏りがして、その業者に連絡しても
まず電話はつながりません。
(仮につながったとしても、再度コーキングを勧められるだけ)
気をつけましょう。
kanb2

ラバー?

かわらにコーキングを施工してもらう方が
後を絶ちません。
ラバー工法などと、いかにももっともらしい名前で
高く高く売りつけられています。
雨漏りの相談でそんなお宅に伺うと決まっておっしゃるのは、
知り合いに安くやってもらったと。
ダマされたとは思いたくない心情は重々お察しいたします。
でも、コーキングは必ず雨が漏ります。
コーキング被害についての認識を拡げる努力を
しなければいけないと思っています。
kanb1

カラーベスト~ガルバ

カラーベストの上から
簡単に「かぶせ葺き」できるガルバリウム鋼板ですが、
ガルバリウムになっている分だけ、
昔の鉄板より腐りにくくなっています。
それが最大の特徴です。
ですが、所詮は鉄板。
何年か後には、色褪せするようになります。
雨の音もするし、熱も通します。
もっともここは急勾配の屋根がよくありません。
sankkyu2
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード