FC2ブログ

シルバー~いぶし

シルバー色の釉薬かわらから
釉薬の塗ってない、いぶしかわらへの葺き替えです。
このあたりの30年以上前の屋根はほとんど、
野地板に、端に耳のついたバラ板を使うのが当たり前で、
すき間も開いています。
もっとすごいのになると、
このバラ板が重ねて貼ってあったりします。
当然野地はまっすぐになりません。
でも当時は土葺きなので、
そんなめちゃくちゃな野地でも、
かわら屋は、きちんと葺いて当たり前、という時代でした。
kitg2
スポンサーサイト



まず塗装

さび止めを塗った後に塗装をしていきます。
3工程です。
プライマーを塗って、
中塗り、仕上げの上塗りをして壁は完成。
そのあと、壁以外の木部、鉄部、プラスティック
を塗って外壁塗装は完成ですが、
この家はこの後、屋根を葺きかえるので、
一旦置いておいてほかの現場へ行きます。
kitg1

看板

屋根を直したら
看板部分のペンキの剥げも気になってきたので
この際塗ってしまいます。
ケレンをして
さび止めを塗って
セラMレタンを塗りました。
bal3

ガルバ鋼板

今回の屋根は、片流れに造ります。
本来は、切り妻屋根か寄せ棟で造りたいのですが、
構造上、今はやりの片流れしかできません。
それに、勾配がとれませんので、
棟から軒先まで継ぎ目のない屋根材でないと
雨が漏れてきてしまいます。
というわけで、金属のガルバ鋼板で葺きました。
bal2





内とい

壁が高く伸び、屋根がプールのような形で
雨水が穴から出ていくような構造になっていると、
まず雨が漏るようになります。
ということで今回、
雨といが外に出るように、屋根を造り直しました。
bal1

さび止め

外壁の塗り替えは、
モルタルのセメント壁か、石膏ボードのサイディングの場合がほとんどで、
鉄板が貼ってある家は、珍しくなりました。
最近の鉄板は、
アルミと亜鉛の塗膜が塗ってあるガルバ鋼板なので
昔より腐りにくくなっています。
40年前の鉄板は腐りやすいので、さび止めから塗ります。
kitag3

高圧洗浄

まず足場を組んだら、その日のうちに
高圧洗浄をかけます。
明日の段取りを考えて、
洗浄して、すぐに次の工程にはいけません。
kitag2



玄関扉

屋根の葺き替えと外壁塗装をしますが、
まず玄関の引き戸をアルミに入れ替えます。
どの家でも少しは左右、前後に傾いています。
それをうまく調整して
アルミの引き戸を入れ替えました。
次は外壁の塗り替えに入ります。
kitag1

防災かわら

当社の施工では、
縦と横に木を打って、
かわらを木でしっかりロックします。
一般の施工店ではそこまでやりません。
また、鬼かわらが付いている棟(むね)には、
土を使用せずに施工します。
それに、銅線は使わず
ステンレスビスで止めます。
imamu3

軽量瓦~いぶし

軽いかわらに葺き替えて10年ほど。
色あせやヒビが入ってきたので、今回、
(重たいと思われている)焼き物かわらに葺き替えます。

半年以上もの暑い季節を、我慢できますか?
軽いかわらは寿命も短く、価格も高い。
なのにどうして選ぶのでしょうか。

きっちり施工すれば、
重たい焼き物かわらでも十分地震に耐えられます。
今回は遮熱シートも貼ります。
imamur2

田植え

田植えの時期になりました。
前日からキャンプをするのが恒例なのですが、
天気予報では、大雨になっていますので、
翌朝大雨だったらさっさと帰ろうと決めて、夜は小屋で寝ます。
起きたらなんと快晴でした。
朝食と昼食を一緒に作って田植えを待ちました。
まずガールから田植えをしますが、
やっぱり女の子はおとなしくてかわいい田植えです。
次はボーイですが、はじめはおとなしく田植えをしていましたが、
今年もドロンコ試合をはじめてしまいました。
みんな田植えより、誰をドロンコにするかを楽しんでいます。
リーダーの女子大学生はほとんどこの洗礼を受けることになりました。
また秋に稲刈りしますが、
稲刈りのときに大変なことになりますので、
1か月ごとに雑草とりの集会をしないといけないかな。
taue2012

ベスト塗り替え

カラーベスト屋根の塗り替えです。
屋根にはゴミ、ほこりが溜まり、カビ、コケが生えています。
一応、高圧洗浄しますが
すべてのものが洗い落とせるわけではありません。
カラーベストとカラーベストの重なりの間には
タスペーサーというものを入れて
カラーベスト同志が引っ付かないようにします。
カラーベストの重なりが無い方がいいいように
思っている人は間違っています。
どんな屋根材でも水を吸ってしまいます。
だから勾配が必要ですし、
すき間が必要なんです。
むしろ、すき間が全く無いように塗ってあるカラーベスト屋根は
いつか雨が漏ってきます。
akg2

完成

マンションの仕事がすべて終わりました。
最後の仕事、店舗のテントをかけておわりです。
以前の骨組みは人が乗れないほど細いものでしたが、
今回は丈夫に造ってあります。
それにテントの生地も長持ちするものにしました。
追加工事などがあり、
少し工事が長引きましたが、
無事終了です。
ookubsim

かわら棒(瓦棒)

切妻の平屋建てだった家に
30年ほど前、二階を増築されています。
二階の屋根側の面に窓を付けると
一階の屋根の方が高くなってしまうので
半軒ほどの幅で屋根を低くして瓦棒(トタン葺き)にしてあります。
瓦棒は一階部分の別の増築でさらに延長してあります。
そんな造りもあってか、
大雨の際に雨漏りし始めました。
今回は瓦棒の上に新たに野地を造って
新しい縦平のガルバ鋼板をかぶせました。
今までの雨といも交換したかったのですが、
構造上できませんでしたので、
オーバーフローしないよう
雨といに板金加工してガードを付けました。
増築の際、一階の屋根にかからぬ窓にしておくとよかったのです。
そうすると一階の増築時の屋根も問題なく、
今回の雨漏りは起こらなかったでしょう。
屋根屋に言わせると、
最初から分かっている事なのですが!!
工務店はそこまで考えなかったのでしょう…

※またまた、アライグマが捕まりました;;
後味のいいように、
しょうぶの花が咲いているので付け加えます。
tammat

箱とい

雨水が、屋根の中で
プールのように溜まる造りの屋根があります。
短時間のうちにすごい雨が降るような変な気候だと
水を流しきれずに溢れて、雨漏りになります。
雨といが見えないとカッコはいいのですが、
雨用心から言えば
見えるようにつけるほうが安心です。
それから排水が壁の中を通るような造りは
絶対にダメです。
imamur1

テント骨

マンションの足場を解体して、
今度はテントの骨組みを組み立てていきます。
前のテントの骨組みよりずっと
頑丈な骨組みになっています。
つぎはテントを編み付けます。
ookub12

足場撤去

マンションの工事も
残すところテントの張り替えだけになりました。
足場の解体とテントの解体を同時にします。
商売をしているので、
休みのこの日にしかできません。
電器部品をはずして、テントの骨組みを解体して
足場を解体しながら、タイルとペンキの補修をしていきます。
ookub11

廊下

マンションの廊下の色塗りです。
行き来の多い廊下なので
塩ビのシートを貼りたいところなのですが、
今回は色塗りだけです。
人が出入りするので、
半分は、歩けるようにしておかなければいけません。
塗ったところは歩かないようにと、
注意書きをしましたが、
ブラジルやフィリッピンの人がいたり、
新聞屋が来たり、
はたまた釘で悪さをされたりと
無事仕上がるまでが大変でした。
ookub10

トライやるウイーク

中学生が2人、
「トライやるウイーク」で
当店に修行にきました。
図面を引いたりしたようです。
今日は屋根に上ってみました。
5分ほど屋根の中に座って
すぐに下りていきました。
このあとは、アパートの人工芝を貼りに行きました。
toraiyar

産まれました

元気に赤ちゃんが産まれてきました。
えぇ~?
いえいえ、自分の子ではありません。
マゴです;;
予定よりずい分早く出てきました。
前日の夜、
寒いのに宝塚ホテルの屋上ビアガーデンに行ったのが
いけなかったのかもしれません。
はい、有難うございます。
yk

外とい

この家の下屋根は、「とい」が「内とい」になっています。
「とい」が外から見えないほうが、
かっこいいかも知れませんが、
いつかは雨が漏るようになります。
というわけで、屋根野地を造り直して
外付けにしました。
kageki2

ゆるい勾配

この屋根、たぶん2寸勾配ぐらいしかありません。
(かなりゆるい)
本来なら上から下まで切れ目のない鉄板を敷くのがいいのですが、
体裁が悪いということで、
横に段々になった鉄板を葺いていくことになりました。
どんな屋根でも
勾配は「4寸」欲しいところです。
勾配がゆるいと
きわめて雨漏りしやすいのです。
kageki1

通行止め

新しい高速道路を造るために
ながらく通行止めになっていた
西谷から猪名川町までの抜け道が
通行できるようになっていました。
高速道路も、そんなに利用する機会はありませんが、
あればやはり便利です。
でもこの区間の高速道路は、
出来上がってもたぶん利用することはないんじゃないかな。
shinmei

笠木

屋根と壁が面一になっているところでは、
必ず、少し広めの板金をしておかないといけません。
壁と板金のすきまがなければ、
つぎの塗り替えのときに
板金と塗装が一緒になってしまい
いつかは板金と塗装が切れて
そこから水が侵入するようになり
いつか壁が膨らんだり、
タイルがはがれるようになってしまいます。
ookub9
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード