FC2ブログ

高圧洗浄

足場が組めたら、タイル部分の汚れを取るために
洗浄していきます。
天気が良ければ1日洗濯物を控えてもらうところですが、
丁度当日は雨で、お住まいの方々にも洗濯物が干せない
ということを割り切っていただけてよかったと思います。
でもこれから何度か洗濯物を外で干すことができません。
洗浄かけても取れない汚れは、手で落としていきます。
タイルではない、
モルタル(セメント)やサイディングの高圧洗浄は
汚れをすべて落とすためにするものではありません。
また高圧ですべて落としきることはできません。
TVで宣伝している高圧洗浄機も、
宣伝文句ほど汚れは落ちません。
塗装をするための準備をしているのです。
ほこりやクモの巣などを取り除いているだけです。

本日より、ボーイスカウトのキャンプへ行ってきます。
puri3


スポンサーサイト



打診

マンションのタイルが浮いているかどうかを
捜していきます。
パチンコ玉みたいなものをコロコロ
ころがしてみて、
軽い音がしたら、
そこはカベとタイルがはがれています。
このようにして、すべての壁面をチェックしていきます。
puri2

さび止め

マンションの改修工事も半分以上進んでいます。
鉄部のサビ止めの写真を載せておきます。
鉄部の塗装をするとき、サビ止めを塗らずに
済ませる業者もいたり、
塗料の中にサビ止めが入っているからなどなど
言ってたりする業者がいますが、
別にきちんとサビ止めを塗る方がいいです。
サビ止めを塗ったら、サビないか?
いえ、サビがまわるのが少し遅れるだけです。
でもサビ止めを塗らないとすぐにサビが出てきます。
鉄部はこまめに手入れしなければいけません。
puri1

洋風タイル

雨の中、あちこちのタイルを見て回りましたが、
夫婦お二人とも好みが違います。
お一人は和風、お一人は洋風と、
とりあえず洋風のよく好まれる色で
完成の雰囲気をみていただくために
CGをつくりました。
ashiy2

タイル

タイルを貼りたいという希望のお客様が、
近所にお客様好みのタイルを貼ってある家が
あるので見てほしい、ということで
雨の中見て回りました。
さすが高級住宅街。
あちこちにタイル貼りの家があります。
それに家の形も宝塚とは比べ物になりません。
こんなところに住んでいると
やっぱり高級なものを選ぶようになるんだなと
我ながら納得しました。
ashiy

ベランダ

ベランダの防水のやりかえです。
ベランダの屋根を支える柱の下が腐っていますが、
柱は上の方で支えられていて落ちる心配はないので、
下の床についている部分だけを少し切り落とします。
まず邪魔な物置などを移動させて、
床をケレン(そうじ)します。
カチオンセメントや樹脂、ガラスマットを敷いていきます。
最後にトップの色付けをして本日終了。
床が乾いてから、物置の移動に伺います。
akura3

セラミシリコン

車の通りが多い現場の塗り替えが
終わっています。
写真では塗り替えた様子がわかりませんので、
波板の張り替えの写真を載せておきます。
akura2

タイル

景気が悪くても
家のリフォームにお金をかけようという
方はいらっしゃいます。
1円でも安くという方もいらっしゃいます。
この商売造り上げてなんぼの商売ですから
あまり値段をたたかれてしまうと
どうしてもいいものに仕上がりません。
人間がやる仕事ですから
予算がないと、どうしても
端折ってしまうんです。
cyuuou

消防クラブ

消防クラブで山へ行く予定ですが、
宝塚駅に着くと雨が降り出しました。
たぶん集合場所の武田尾まで行ったら
中止かなと思いながら
電車にゆられて駅に着いてみると
桜守、消防署の方も来られているので、決行するそうです。
それでも雨のなかたくさんのスカウトが集まりました。
雨具を着て桜の園の山へ出発します。
この山あまり高くないのですが、急勾配なんです。
雨ですが、気温が高くて半袖になっても汗が出てきます。
途中で山林火災を起こさないようにと、看板を取り付けていきました。
(日本中で毎日5件ぐらい山火事が起こっているそうです)
どろどろ道をすべったり、こけたりしながら
なんとか今日のハイキングを終えました。
syonbosakur


勾配

昔のプレハブは、勾配のことなど
あまり気にせずに造られています。
勾配がないので、
このベランダも例にもれず、雨漏りがしています。
本来なら、屋根勾配をとってやるべきなんでしょうが
それができませんので、
今回は瓦棒の上にベニヤを貼って
GL鋼板をかぶせます。
akag1

カラーベスト→銀鱗平板瓦

カラーベストの屋根、
一度塗り替えをされたそうです。
今回は塗り替えはしないとのことでした。
金属やセメントなど、
新生屋根材での見積りも提出しましたが
結局、陶器のかわらで葺き替えることになりました。
でも古い家だ、かわらは重たくないか、
などなどいろいろ気にされていました。

当店は、阪神大震災が起きる年からさかのぼること
30年以上前から、屋根を葺くときは引っ掛け桟葺きにして
土を入れずに葺き替えを行ってきました。
そして震災でも、当店が葺き替えをした家から一切、
被害・クレームはありませんでした。
それに復興のときも焼き物のかわらで多数葺き替えをしました。
もし当店がウソを言って、いい加減な工事をしていたなら
いまもこうしてここで瓦屋をしておれなかったでしょう。
なによりも震災のときに、
屋根は軽くなければいけないといって
軽量瓦を盛んに売った会社はほとんどなくなりましたし、
カラーベストを売っていた会社も、いまでは重たいかわらを売っています。

今回は遮熱シートも貼って、雨といも交換しました。
ikosh

アスファルト防水

外壁のことでお伺いしました。
屋上は一生メンテナンスしなくてもいいように
防水工事をしたとのことです。
そんな防水は知らないので、
参考のために屋上に上がりました。
なんと昔ながらのアスファルト防水がしてありました。
それにテープが貼ってあるなんて、こりゃおかしい。
最近、アスファルトシングルの屋根材が葺かれていますが、
このアスファルト、熱に弱く、耐久性がありません。
一生どころか、10年したら傷んできます。
それに頼んだ業者は倒産したらしいです。
ookub1

足場

集合住宅の改修工事が始まります。
工期は約40日。
タイルの浮きを直し、タイルに撥水剤を塗り、
タイル以外は塗装をします。
さらに屋上の一部を防水します。
建物をぐるりと足場で覆ってしまいました。
入居者の方々にはご不便をおかけしますが
きれいに仕上げますので、
少しの間がまんをお願いします。
purin1

交差点

以前に屋根の葺き替えをさせていただいた家で、
雨漏りがあったとのこと!
原因は、外壁とベランダ部分にありました!
ということで、外壁にシールをして
塗り替えることになりました。
でもこの現場、信号機のないせまい
交差点に建っています。
ひっきりなしに車が回り込んできます。
まず、慎重に足場を組んでいきます。
yamas1


急勾配

家を新築するときは
普通の勾配か、急勾配かなど
全然気にしなかったでしょうが
メンテナンスをするときに
はじめて気が付きます。
急勾配の屋根を造ったのは失敗だったと。
40~50年もメンテナンスの必要がなければ
急勾配の屋根を造ってもいいんですが、
このようなカラーベスト屋根は絶対(100%)
メンテの時期がきます。
まず、屋根の実測ができない。
別途、屋根足場代が要る等々
メンテナンス費用がかさみます。
sakamotog1

テラス

屋根を葺き替えさせていただいたお宅の
ベランダの屋根を取り替えます。
木と波板でできていた屋根で、
波板が割れているのに
そのままにしていたので
木が腐ってしまいました。
その時に波板だけ替えていれば
大事にならずに済んだのですが。
全面的にアルミのテラスに替えます。
早目のお手入れが肝心ですよ。
fujii

メンテナンスの時期

バケツで受けるぐらい天井から雨漏りがしています。
大屋根のかわらはどうもありませんが、屋根の土も濡れています。
震災前の屋根は100%土が載っています。
少々雨が漏っても土が水を吸ってくれます。
でもその土も、水を吸いきれなくなってくると
部屋内に漏るようになります。
そのまま放ったらかしにすると木も腐ってきます。
それに外部(軒先)の木部がこんなに傷んでいます。
木が見えているいる家は建築にお金がかかっています。
お金がかかっている家は、見栄え良く造ってありますから、
その分、手入れをしていかないとだめなんです。
外壁がセメント(モルタル)でできている家は
建築費が安くて、頻繁な手入れは要りません。
不思議でしょうが、そうなんです。
でも最近はやりのサイディングは10年ごとに
メンテナンスしていかないとだめです。
kasaho



平板

青緑から銀鱗への葺き替えが終わっています。
焼き物かわらは夏の暑さから守ってくれますし、
冬の寒さからも守ってくれます。
しっかりとした施工をすれば
地震や台風にもびくともしません。
おすすめします。
goga2

軽い屋根

軽い屋根材は、
年数がくれてくると色が剥げてきます。
それにただプレスしただけなので
山になったり谷がある凸凹形状のものは
ヒビが入るようになります。
で、軽い屋根材を出していたメーカーは
生産を止めていっています。
karuu



瓦棒~ベスト

鉄板の屋根がいやだということで、
ベニヤで下地を造って
カラーベストを葺きました。
本来なら勾配がゆるいので
雨漏りするので葺かないのですが
流れが短いので
下地に雨が入り込まない
のり付きのゴムを貼って
カラーベストを葺きました。
tanakag

太陽光発電

太陽光発電を取り付ける家が増えました。
しかし、古い屋根の場合は、
葺き替えてから取り付けないと後悔します。
まず無理がたたって雨漏りがして、
太陽光発電を下ろして、屋根を葺き直して、
改めて太陽光発電を据え付ける、ということになりますから。
また、オール電化にしないと
電気代は安くなりません。
それでも、取り付け代の元を取ろうなんて
思ってはいけませんよ。
例えば、250万円のハイブリッド車を買えば、
毎月の燃料代が安くなります。
けど年間7~8万円(?)で元取れませんよね。
それにメンテ代もかかります。
単純に「エコ=経済的=元が取れる」というわけではない、
そこのところを理解した上で、環境やエコに興味が有り、
実践したいという方にはおすすめします。
tatiban


下見

春のキャンプの下見に篠山へ行ってきました。
オートキャンプ場です。
雨がふれば地面はじゅくじゅくになります。
電車を降りて、キャンプ場まで歩いて、約2時間かかります。
交通費、駐車場代(2000円)、
キャンプ代(1日1000円)、釣り代(2500円)です。
それに資材を買わなければなりません。
これで参加費のほとんどが無くなってしまいます。
ということで、食費にさけるお金がわずかなので
サバイバルキャンプになります。
haru kyan2012



折半屋根

3階建ての折半屋根の雨漏りです。
なんとも妙な造りになっています。
まずは鋼板が凸凹になった折半屋根、
それに外側がパラペットになっていて
雨といが外についていない。
で、鉄板の下に水が流れ落ちるようになっています。
まず3階までの足場を組んで
鉄板をめくらないと
雨漏りの確認ができません。
それに鉄板も腐りはじめているし。
seido
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード