FC2ブログ

軽いほうがいい?

軽い屋根材がいいとお思いの方、
これでも、軽い方がいいですか?
夏は暑いし、
耐用年数も短いですよ。
ps
アライグマもう1匹確保。
これで3匹目。
daiw4

スポンサーサイト



Sからフラット

一時期よく流行った「Sかわら」から、
いまの主流の「平板かわら」への葺き替えが終わりました。
屋根に土を置いていない分、屋根が軽くなりました。
かわらと野地の間に土がなくても、空気層があるので、
断熱の役割を果たしてくれます。

本当の事をいうと、
屋根に土を置くこと自体に問題はありません。
野地板にかわらをしっかりビス止めすればOK。
むしろ、部屋の湿度を保つ働きもあります。
それでも、「屋根はとにかく軽い方がいい」という神話が強く浸透しているため、
いまどき、屋根の上に土を置いて葺いていると、白い目で見られてしまいます。

daiw

つかまえた!

我が家は山の上にあり、
(いわゆる-山の手-ではありません;)
裏手には木々が生い茂っています。
ここしばらく夜中に、我が家の16歳になる老犬ペロが吠え出したり、
えさがなくなったり、犬用の飲み水が汚されたりしていました。
なんでかなと思っていたら、
なんと、夜な夜なアライグマが来ていたんです。
これはなんとかしなければと、
塀に金網をつけてみたりしました。
それでも入り込んでくるので、
ついに猟友会からオリを借りてきて据え付けてみたところ、
なんと2日目に捕まえることができました。
でもまだいるみたいですから、
しばらくオリを置いておきます。

ps.もう1匹捕まえました。
まえはメスでした、子供を生んでいるだろう、
それも6匹ぐらい、とのことでした。
まだまだオリを置いておきます。
arai

軽くても

軽い屋根材といっても、
年数が経てばこのような具合。
焼き物瓦や金属瓦に比べると、
軽い屋根材のほうが、
葺き替えまでの期間が短いです。
nak

2山

エスかわらから2山(ふたやま)かわらへの
葺き替えが終わっていますので、
載せておきます。
屋根の土を下ろして、4~5トンも軽くなりました。
かわらをビス止めしているので、
地震が来ても大丈夫です。
nono

奉仕

3月の奉仕の模様がNHKで流れたそうですが、
残念ながら見逃しました。
今回、市役所のyoutubeに少しだけ映っています。
3分~4分のところです。

タイル

16年前の震災であちこちのタイルがはがれ、
そのままにしておかれたんですが、
まだまだこの建物に住みたいということで、
見積もりに伺いました。
たたいてみると、あちこちのタイルが浮いているようなので、
浮いているタイルは取り除いて、
新しいタイルを貼るように提案しました。
hiut

雨、雨

日曜、月曜と雨続きです。
雨が降ると、かわら屋は工事ができず、
仕事にならないんですが、
雨が降り雨漏りがするとTELが鳴って、
商売につながるんです。
ここへきて、依頼も増えてきました。
雨ですし、、それに女性にもご覧いただいているので、
木の写真を載せておきます。
事務所の前のコニファーの芽が出揃ってきました。
でも、北国の木なので、
夏を越させるのが大変なんです。
conif

平屋?

葺き替え現場の近くに、平屋の家並みがありました。
今どき珍しいなぁ~、と思っていましたが、
実は、法面(のりめん=人口斜面)に建っているのでした。
つまり家の中は2~3階建て。
法面の家は、長雨や地震が心配で、
下の階は湿気がちと言われています。
それと、齢をとるにつれ上り下りが辛くなる。
それでもやはり、土地の有効利用、なのかな。
daiw2

凍害

阪神間でかわらが「凍てる」のかとお思いでしょうが、
ちょっと山間部に入ると寒い所があります。
こんな場所では、いいかげんなかわらを葺くと、
かわらが寒さに負けて(中に含まれる水分が凍って)
せんべいみたいに割れて、雨漏りするようになります。
高温で焼いた=よく乾燥したかわらを使わないといけません。
daiw1

床板

最近の「床板」は品質がよくなっていますが、
30~40年ぐらい前の床板は、だんだんしなるようになります。
リフォームするときはほとんど、
元の床板の上に重ねて貼ります。
敷居の高さに合わせると、バリアフリーになります。

でもこの床板を打ちつける、
下の「根太」などがどうなっているかを、
よ~く確認しないといけません。
また注意して貼らないと、
「床鳴り」がしてしまいます。
furor

システムバス

10年ほど前に、カラーベストを、
焼き物の平板瓦に葺き替えていただいたお宅から、
風呂を入れ替えたいということで、呼んでいただきました。

この屋根勾配なら、かわらを葺いてもだいじょうぶです。
となりの屋根はどんどん汚くなっていますが;;
このお宅の屋根は今なお色もきれいです。
それに断熱材も入れてあります。
hibar


急勾配の屋根

20年以上前に、2階建ての小さめの家に向けて、
「2階の屋根をとっぱらって屋根裏部屋を造りませんか!」
と、訪販業者が言葉巧みに造らせた屋根です…

今回、雨漏りがするという事で伺いましたが、
屋根の専門家でも上れないような急勾配の屋根;;;

訪販業者は一生手入れしなくてもいいと、言ったそうですが、
後のことは一切考えなかったのでしょうね。
20年経たないうちに雨漏りがしてきて、
ふつうの屋根よりずっと高い修理代が…
3f


切り戻し

パンジーやビオラは、切り戻しをすればまた花が出てきます。
今年のように涼しければ、花も長く楽しめますが、
例年ならもうしおれて、夏の花を植えたいところでしょうが、
せっかくの花ですから、
1回か2回、花芽を切ってみてください。
おもいっきり、どこから切ってもかまいません。
また花が咲きます。
何回も切り戻せますが、
花芽はどんどん小さくなりますし、青虫が寄ってきます。
bio



赤ペン

ついでに、鉄板の瓦棒も塗ることになりました。
鉄に塗装する時は、「赤ペン」と言って、
まずサビ止めを塗ります。(赤ばかりではありませんが)
これを塗らないと、サビが早く回ります。
瓦棒は凸凹しているので、
業者によっては、施工面積を倍にしたり、
単価を高くしたりします。
tate3


浮いている

玄関の上の壁が「浮いて」います。
震災のときに、外壁をやりかえたそうです。
壁の木の上に、砂とセメントを混ぜたモルタルが塗ってあるのですが、
このモルタルが木からはがれています。
このままにしておくと、壁が落ちてしまうので、
悪いところを取り除いて、
タイルを貼りました。
tate2

ベランダの防水

「ベランダの防水」は、10年ごとにしなければいけません。
そのままほったらかしにすると、
雨漏りの原因になります。
だから、ベランダはできるだけ部屋の外に造るほうがいいんです。
(2階のベランダの下を部屋にしてはいけません)
が、最近の家は、3階建てが多くなり、軒の張り出しが全くなく、
屋根も片流れで、ベランダが3つも4つもついていたりします。
10年経ったら、メンテナンス費用がかかり始めます。

このお宅、シート防水で改修をされていますが、
その工事のいいかげんなこと;;
手すりはビスを打たずに取り付けてある始末。
ということで、「FRP」からしっかりやり直します。
tate1

古い屋根

六甲全山縦走をしながら、
あちこちの屋根を眺めます。

神戸の長田区の山手には、
瓦屋根がたくさん残っています。
たぶん瓦屋根のほうが多い気がします。
中には、訪販にコーキングをされた屋根もあります。
なにより、古い建物(50年以上)で
古い瓦がそのままのっている屋根がたくさんあります。
古い家ほど屋根はそのままで、
築20~30年の屋根ほど、無駄に金をかけているような気がします。
雨がもらなければ、瓦屋根はそのままで。
屋根の手入れが必要になったら、
新しい瓦で葺き替えをするのがいいと思います。
nagat




Sから2山

一見きれいなこのお宅でも、もう30年以上経っています。
雨もりがするということで、
去年から見積もりを出していました。
しっくいをしようか、小額の修理をしようかと、
悩んでおられましたが、
結局、全面葺き替えということになりました。
案の定、いろんなところから雨がもり、
天井裏が傷んでいるところもありました。
雨もりがし始めたら、
思い切って、全部やりかえる方が、
お得で、あとあと安心だと思います。
nonog


予行演習1

年末に行われる、六甲縦走56kmの予行演習に、
1回目のハイキングをしました。
朝8時に西宮北口に集合し、1回乗り換えをして、須磨浦公園下車。
みんなが元気なうちに一枚パチッ。
さぁ、歩こうと言った先から道を間違えてしまいました。
旗振山、鉄拐山、おらが茶屋、ときて住宅地へ出ました。
この六甲縦走は、山に入って、街へ出る、また山に入って、街に出る、
のくりかえしなので、街へ出た時に、どうしても気持ちがなえてしまいます。
妙法寺からまた、山の中へ入って上ります。
高取山はたった328mしかないのに、きついのなんのって。
この頂上で昼食、その後スカウトだけで先に下らせたのが失敗、
思いもよらないコース間違いをして、方向違いのところに降りてしまっていました。
もう一度間違った場所まで上って行きます。(1時間のロス)
この日は夏日で、とても暑く、
もう一度何百段という階段を上るのはとてもつらかったです。
年末はスカウトだけで歩きますので、
間違ったところの標識を確認させて、歩きなおします。
なんとか、鵯越まで来たところで、本日はこれにて終了。
本当はもう少し先まで行きたかったのですが、
わたくしも、気持ちがなえましたので帰ります。
次回頑張りますので。
6juu1


感謝状

去年屋根の葺き替えをさせていただいたお寺で、
感謝状をいただきました。
まず蓮如上人500回遠忌法要が執り行われ、
続いて光円寺本堂屋根修復慶讃法要があり、
そこで感謝状をいただきました。
そのあと、親鸞聖人750回大遠忌法要がありました。
rakuk

GW

4/29夜、ボーイスカウト阪神北地区の総会に出席して、
翌日早朝、お見舞いのため山陽道を西へと走りました。
(が、ボーイの集会があることをてっきり忘れてしまっていました。)
なんと、まだ雪が残っています。
さすが瓦産地だけあって、RCの建物にも瓦がのっています。
翌深夜に夜行バスに乗って、三宮に早朝5時着。あぁしんど。

昔アメリパスというものを使って1ケ月間、
グレイハウンドのバスに乗ったことがあります。
節約のため、夜バスに乗って、翌朝バスを降りて1日見学して過ごし、
また夜にはバスのシートをベッドがわりにする生活で、
アメリカを旅行しました。
当時は、疲れなど感じませんでしたが、
ひさしぶりの夜行バス、今回はしんどいのなんの。やっぱり年なんでしょう。

そして、夏のキャンプの打ち合わせにキャンプ場へ。
8団がツリーハウスを造っていました。
話し合いの結果、
8/18~21に、岡山の六島へ2.6.8団と行くことになりました。
M兄弟の実家です。
5/29に下見に行く予定です。

母親は西へ帰ったままですが、
子供は親のいぬ間に、東へ帰っていきました。
gw
プロフィール

ミスター510

Author:ミスター510
こんにちは!
宝塚で創業68年(株)後藤商店のミスターごとうです。
屋根と外壁の専門家が本音を綴ります。(ちょっと辛口!?)
最近、大手総合リフォーム会社さんが屋根・外壁の事まで盛んに宣伝されていますが、実積のある自社施工の専門店に依頼していただくことが、信頼できる仕事と費用削減の秘訣です!
雨漏り修理、葺き替え、塗り替え…屋根と外壁のことならお任せください!!

0797-72-6795
※たまにボーイスカウト(BS兵庫連盟 阪神北地区 宝塚第2団)の活動報告をさせていただきます。仁川~小林周辺の小学生の皆さん、一緒に活動しませんか!? 随時入団受付中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Flashカレンダー
時計
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード